BD-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BD-1
2011-04-07-birdy-by-RalfR-03.jpg
2011-04-07-birdy-by-RalfR-04.jpg
2011-04-07-birdy-by-RalfR-08.jpg
13-06-27-utrecht-by-RalfR-01 Birdy im Liegewagen.jpg

BD-1とはドイツr&m(Riese und Müller)社が販売する折り畳み自転車。スポーツ折り畳み自転車の代名詞的な存在とされる。世界的にはBirdyの名称で販売されているが、日本国内では商標の関係上r&mの開発コードであるBD-1と名付けられている。

概要[編集]

ドイツの大学で機械工学を学んでいたハイコ・ミューラーとマーカス・リーズが従来に無かったスポーツ志向の折り畳み自転車として考案。 サスペンション構造を活用した折り畳み機構を備え、折り畳み自転車の構造的な弱点とされてきたメイン・フレームの関節構造を廃し、車体の剛性と耐久性を高めているのが特徴とされる。日本の総代理店はミズタニ自転車株式会社。 2009年にはBD-1とBROMPTON(ブロンプトン・バイシクル)の歴史と歴代の実車が展示されたギャラリーMが東京都豊島区大塚に開設された。

生産は台湾のパシフィック・サイクルズ社により行われ、プジョー・モトシクルJEEPビアンキへのOEM供給の実績もある。

歴史[編集]

1代目(1996年-2008年)[編集]

1996年に発売された初代BD-1は18インチのホイールを履き、直線的なアルミフレームを持っていた。細部の仕様やコンポーネントの異なる多くのラインナップが登場した。2006年より、上級グレードから随時2代目モデルに移行し、2008年に販売を終了した。

2代目(2006年-)[編集]

2006年から登場した2代目BD-1は従来モデルのコンセプトを継承しつつ、モノコックのアルミフレームが与えられている。走行安定性が向上したと言われる一方、価格も上昇した。前述の通り2006年からラインアップが随時モノコックフレームモデルに移行し、2008年には全てのグレードでモデルチェンジが完了した。

ラインアップ[編集]

現行(2009年)モデル[編集]

  • BD-1 8 Speed
    • 外装8段変速を装備する基本モデル。4色が設定される。
  • BD-1 9 Speed
    • シマノの小径車向けコンポーネントのCapreoを装備する上級モデル。外装9段変速。3色が設定される。
  • BD-1 Compact
    • ハンドル位置を手前に設定したモデル。チェーンホイールもやや小さいが、基本仕様はほぼ8 Speedに準じる。2色が設定される。

2008年モデル[編集]

  • BD-1 Silver(旧 BD-1 Standard)
    • 外装8段変速を装備する基本モデル。
  • BD-1 White(旧 BD-1C)
    • 手前に設定されたハンドル位置や小さめのチェーンホイールの装備で女性の使用やタウンユースに配慮したモデル。外装8段変速を装備。
  • BD-1 Black
    • コンポーネントを黒で統一したモデル。外装9段変速を装備。
  • BD-1 Mercury Gray / Blue(旧 BD-1 Capreo)
    • シマノの小径車向けコンポーネントのCapreoを装備。外装9段変速。
  • BD-1 Speed 10(旧 BD-1 Speed)
    • 軽量パーツをふんだんに用いた最上級モデル。外装変速機が9段から10段に増えたのを機に、『10』という数字が名称に追加された。
  • BD-3 Intego
    • 外装8段変速に内装3段変速を組み合わせ、計24段変速としたツーリングモデル。かつてはハブダイナモ等が標準装備されたこともあった。
  • BD-1 Scotch Bright / Graphite(旧 BD-1 Standard)
    • 初代BD-1の最終モデル。

旧モデル(代表的なものを掲載)[編集]

  • BD-1W
    • フロントに外装2段変速を装備したモデル。
  • BD-1R
    • フロント2段変速に加え、ドロップハンドルを装備したスポーツモデル。コンポーネントにはCapreoが採用されていた。
  • BD-1Z
    • 通常よりハードなサスペンションを持ち、フロントディレイラーの台座を備えていた。
  • BD-1ti
    • チタニウムをフレーム素材として採用、軽量化を図ったモデル。時期によりブレーキ等の仕様は異なる。
  • BD-3 サイバーネクサス
    • 内装8段自動変速機を装備。前輪ハブダイナモで自家発電を行う仕組み。
  • BD-2
    • ベルトドライブ装備でメンテナンスフリーを謳ったモデル。
  • BD-1 Kids
    • 折り畳み機構を簡略化した子供向けモデル。
  • BD-Frog
    • 12インチと内装3段変速を組み合わせた超小径モデル。

カスタマイズ[編集]

コンポーネントに一般的なものがつかわれていることもあり、用途に応じた様々なカスタマイズが愛好家により行われている。また、車輪のついたリア・キャリアがr&mやサードパーティーから発売されており、装着すると折り畳み時に、ブロンプトン・バイシクルの様な転がしながらの移動が可能となる。

外部リンク[編集]