BAPTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BAPTA
識別情報
CAS登録番号 85233-19-8 ×
PubChem 104751
ChemSpider 94562 チェック
ChEBI CHEBI:60888 チェック
特性
化学式 C22H24N2O10
モル質量 476.433
密度 1.494 g/cm3
融点

177–179 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

BAPTA(1,2-ビス(o-アミノフェノキシド)エタン-N,N,N',N'-テトラ酢酸)は、カルシウムとのみイオンを作るアミノポリカルボン酸英語版である。官能基が4つあるカルボン酸であるため、カルシウムイオンを2つ結合させることができる。カルボキシル化の際の配位子として汎用性が高いため、カルシウムや他の金属との配位結合のために重要である。

なおBAPTAは一定量が解離していくことが報告されており、その量は0.2μmolである[1]。カルシウムとの反応速度は500μmol/秒である[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Ricci AJ, Wu YC, Fettiplace R (15 October 1998). “The endogenous calcium buffer and the time course of transducer adaptation in auditory hair cells.”. The Journal of Neuroscience 18 (20): 8261–77. PMID 9763471. http://www.jneurosci.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=9763471. 

関連項目[編集]