B-1 (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS B-1.jpg
艦歴
発注
起工 1905年9月5日
進水 1907年3月30日
就役 1907年10月18日
退役 1921年12月1日
その後 1922年に標的艦として海没処分
除籍 1921年12月1日
性能諸元
排水量 水上 145トン、水中 173トン
全長 82 ft 6 in (25.1 m)
全幅 12 ft 6 in (3.8 m)
吃水 10 ft 6 in (3.2 m)
機関 ガソリンエンジン、電動モーター、250 hp、1軸推進
最大速 水上 9ノット (17 km/h)
水中 8ノット (15 km/h)
乗員 士官、兵員10名
兵装 18インチ魚雷発射管2門

B-1 (USS B-1, SS-10) は、アメリカ海軍潜水艦B級潜水艦の1番艦。当初の艦名はバイパー (USS Viper) であった。バイパーの名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

バイパーは1905年9月5日にマサチューセッツ州クインシーフォアリバー造船所で起工した。1907年3月30日にローレンス・Y・スピア夫人によって命名、進水し、1907年10月18日に艦長D・C・ギンガム大尉の指揮下就役する。バイパーは大西洋艦隊、第2潜水小艦隊に配属された。

バイパーは大西洋岸を巡航し、訓練および演習を行った後、1909年11月30日にチャールストン海軍工廠で予備役となる。1910年4月15日に再就役し、大西洋水雷艦隊と共に活動、1911年5月9日にチャールストン海軍工廠で予備役水雷グループ入りする。1911年11月17日に B-1 と改名された。

B-1 は1914年4月にバージニア州ノーフォークに牽引され、給炭艦ヘクター (USS Hector, AC-7) に積み込まれフィリピンに運ばれる。1915年3月24日にルソン島オロンガポに到着し、4月15日にヘクターの艦上から進水、再就役した。

B-1 は1915年5月19日にアジア艦隊水雷小艦隊、第1潜水分艦隊に配属され、その後マニラ湾で第2潜水分艦隊と共に活動した。1921年12月1日、B-1 はフィリピンのカヴィテで退役し、標的艦として海没処分された。

外部リンク[編集]