Axe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Axe(アックス)はユニリーバが展開する、男性化粧品ブランドである。

概要・歴史[編集]

欧米では、1983年フランスでの発売開始を皮切りにさまざまな商品が発売され、アメリカではスティック・タイプの制汗剤やシャワー・ジェル、アフター・シェイブ・ローションなども販売されており、主軸商品であるデオドラントの香りは15種類以上ある。

イギリスオーストラリアニュージーランドなど一部地域では、同一の商品がLynx(リンクス)というブランドで売られている。

日本ではユニリーバ・ジャパン2007年3月5日より販売を開始した。日本での発売準備に3年を要した[1]

7種類の香りの「フレグランスボディスプレー」はいわゆるスプレータイプの香水であり、体臭を防ぐ機能はない(缶にも「オーデコロン」の記載がある)。2009年2月に「Twist It!」をキーワードに回して下げてスプレーする新形状のボトルと新ロゴを導入し、フルモデルチェンジを行った。2011年にパッケージ変更を行い、外装フィルム上部に香りの特徴を明記して分かりやすいようになっている。

また2010年3月には、フレグランス以外のカテゴリーで初めて展開する新製品「プレミアム ブラックシート」を発売。商品名にあるようにこのカテゴリーでは珍しいシートを採用した身体皮脂汚れを拭き取る微香性のリフレッシュシートである。適度な厚みがあり、肌触りのよいブラックシートは、ハンカチのように人前でもおしゃれに使えるだけでなく、拭き取った古い角質が見やすいのも特徴である。なお、本製品は日本人向けに開発された世界初の製品である。また、同年8月にはアメリカで人気の高い「ボディソープ」が日本に上陸するとともに、多重ネット構造の泡立てサイドとかかとなどの皮膚の固い部分もしっかりこすって汚れや古い角質を落とすスクラブサイドの2Way仕様の男性向けボディウォッシュツール「ガイウォッシュ」を追加した。なお、「ボディソープ」は成分・パッケージを日本向けに変更したもので、日本仕様でも発売2ヶ月で販売本数100万本を突破する大ヒット商品となった。

2012年3月には、新たなカテゴリーとして、スプレータイプの男性用制汗デオドラント剤「アックスドライ デオドラントスプレー」を発売。現在の制汗剤市場の多くは、消臭や香りによるマスキングといった発汗後の対処を主として訴求しているのに対し、本製品はをかく前に塗布することで、汗を出にくくし、体臭の根本原因である汗を抑えることにより、ニオイの発生を防ぐというプレケアタイプの制汗剤で、「速攻ディフェンステクノロジー」と呼ばれる独自技術により、制汗有効成分が汗に反応して瞬時にジェルを形成し、汗腺をプラグ化(蓋をする)することで、汗が表面に出てくるのを防ぐ。またスプレーの噴射口を3つ穴にした「トリプルホールスプレー」を採用により、より広い範囲に噴射でき、肌にやさしく、ムラなく有効成分を送り届けることができる。

商品ラインナップ[編集]

  • フレグランス ボディスプレー
    上半身を中心に満遍なくスプレーするだけで「全身からほのかに香ること」ができるスプレータイプのフレグランス。香りは、ツイスト・エッセンス・キロ・クリック・ダークテンプテーションの通常ラインナップ5種類と、2013年2月に日本限定の香りとして発売されたスイート・シトラスの計7種類(2013年2月現在)がある。
  • ドライ デオドラントスプレー
    独自技術「速攻ディフェンステクノロジー」により、体臭の根本原因である汗を抑え、ニオイの発生を防ぐプレケアタイプ(汗をかく前に使用する)の制汗剤。香りは、アブソリュート(クールフローラルの香り)・フルコントロール(ジンジャーシトラスの香り)・シャープフォーカス(フレッシュライムミントの香り)の3種類。
  • プレミアム ブラックシート
    顔や身体の汗や皮脂汚れを拭き取り、シャワーを浴びたようなさっぱり肌に。リフレッシュシートでは珍しいブラックシートは、適度な厚みがあり、肌触りも良く、ハンカチのように人前でもオシャレに使える。香りは、エッセンスとツイストの2種類で、14枚と30枚の2サイズ展開。
  • ボディソープ
    少量の水でも、汚れがついた身体でもよく泡立ち、弾力のあるクリーミィな泡で肌との摩擦を抑えてやさしく洗い、泡切れがよく、すばやくすすげてさっぱりとした洗い上がりに。洗浄中はもちろん、洗った後もほのかに香る。香りはエッセンス・キロと日本限定のスウィート(2013年2月発売)の3種類。2011年3月につめかえ用を追加発売。
  • ガイウォッシュ
    ボディソープとセットで使用する男性向けボディウォッシュツール。用途に応じて泡立てサイドとスクラブサイドを使い分けできる2Way仕様。

香り[編集]

現行の香り[編集]

  • クリック(CLICK) - 大人っぽいスパイシーシトラスの香り。はじけるようにフレッシュなトップノートからフルーティーでウッディーなラストノートへ変化する。
  • エッセンス(ESSENCE) - ほのかに甘いパウダリーフローラルの香り。花のように甘く、ほのかにフルーティーなトップノートからウッディーでムスキーなラストノートへ変化。
  • キロ(KILO) - 澄んだアクアグリーンの香り。爽やかで開放感のあるトップノートからムスクアンバー[要曖昧さ回避]の洗練されたラストノートへ変化する。
  • ダークテンプテーション(DARKTEMPTATION) - 甘美なダークチョコレートの香り。バニラやチョコレートのような甘いトップノートからほのかにハーブ感を残すラストノートへ変化する。日本では2008年9月に追加された香り。
  • ツイスト(TWIST) - さわやかなシトラスが変化してゆく香り。ライムマンダリン等の爽やかなシトラス系のトップノートからフルーティ系の香りを経て、深みのあるウッディーの香りへ2段階で変化する。日本では2010年3月に追加された香り。
  • スウィート(SWEET) - オレンジベリーのフルーティーな香りに、ローズのフローラルの香りをミックスさせたはじけるようなフルーティーフローラルの香り。日本限定で、2013年2月に追加された香り。
  • シトラス(CITRUS) - フレッシュオレンジや爽やかなレモンなどの柑橘系の香りに、紅茶の香りをミックスさせたすっきりとしたフレッシュオレンジの香り。日本限定で、2013年2月に追加された香り。

過去の香り[編集]

  • ディメンション(DIMENSION) - 躍動感のあるベルガモットシトラスの香り。日本では2009年2月の改良に伴い廃止。
  • コンヴィクション(CONVICTION) - 洗練されたアロマティックウッディムスクの香り。日本ではツイスト(TWIST)の発売に伴い廃止。
  • バイス(VICE) - スパイシーなフルーティフゼアの香り。日本では2007年9月に追加された香り。インスティンクト(INSTINCT)の発売に伴い廃止。
  • リカバー(RECOVER) - すっきりシャープなフローズンシトラスの香り。日本では2008年4月に発売された数量限定品。
  • ショック(SHOCK) - ひんやりフレッシュなワイルドミントの香り。日本では2008年4月に発売された数量限定品。
  • ライト(LIGHT) - クールで爽やかなシトラスカクテルの香り。日本では2009年4月に発売された数量限定品で、95gのビッグボトル。
  • シェード(SHADE) - フレッシュなウッディースパイスシトラスの香り。日本では2009年4月に発売された数量限定品で、95gのビッグボトル。
  • シャキットブルー(SHAKITTOBLUE) - キリッと軽いフレッシュブルーミントの香り。ベルガモットやラベンダー等のフゼア系の香りに、フレッシュミントなどのアロマティクハーバルの香りをブレンド。日本では2011年発売の期間限定品。
  • サワヤカグリーン(SAWAYAKAGREEN) - キリッと軽いクールシトラスの香り。グレープフルーツ等のシトラス系の香りとフレッシュソープの香りをブレンド。日本では2011年発売の期間限定品。
  • アンリミテッド(UNLIMITED) - 透明感のあるフレッシュハーブの香り。ジャスミン等のフレッシュなトップノートからウッディーな深みのあるラストノートへ変化する。日本では2009年2月のリニューアルと共に追加された香り。
  • インスティンクト(INSTINCT) - 甘くてほろ苦いベルガモットの香り。あたたかみのあるバニラの甘い香りからベルガモットへ変化。日本では2009年9月に追加された香り。

CM[編集]

日本では消費者の興味を持たせる為に、イギリス製のテレビCMを発売直後の3日間だけ放映し、その後、日本国内オリジナルのCMを放映しある程度、製品の名前を浸透させるというティザー広告作戦が行われた[1]

全CMで、男性が体に製品を吹きかけると、それをかぎつけた女性が大挙して押し寄せてくるという内容で、女性をひきつける香りをうたっている。(ただし、実際にそういう効果は無い。)

billions編
イギリス製のCM。数百人いる水着姿の女性が製品を体に吹きかけた男性に向かって走ってくる。イギリスでは2006年サッカーW杯のイングランドスウェーデン戦の際に1回だけ放送された[1]
マネキン編
日本オリジナルのCM。蒲生麻由演じる教師風の女性がマネキンに製品を吹きかけるが、その香りに理性を失うというもので、表現がより露骨になっている。
合コン編
日本オリジナルのCM。合コンに兵士達が現れる。
電車編
松本エリ演じる女性の乗客が電車に乗車すると、兵士達が下りてきてスプレーを吹きかける。
ビーチパーティ編
登場人物は操り人形を使用する斬新なアイディアと「ひと夏だけの体験」をテーマにしたものである。
RIP SLYMEの「SPLASH」は、「AXE」CMソングとして起用されていた。


TBSテレビ番組リンカーンとのコラボレーションCM(TBS系のみで放送)
コンビニ編
松本人志大竹一樹蛍原徹天野ひろゆきが美女を片手にコンビニから出てくるのを目撃した浜田雅功三村マサカズ宮迫博之ウド鈴木が、その原因がAxeだと解ってコンビニ店内でAxeを探し回る内容。
当初、モテモテの原因がAxeだと解って「Axeだ」と語るシーンは三村で撮影されていたが、あまりにNGを連発するため、宮迫に変更された。
ドラッグストア編
上記の逆バージョンで、浜田・三村・宮迫・ウドが欧米系美女片手にドラッグストアから出てくるのを目撃した松本・大竹・蛍原・天野が、そのモテモテの原因がAxeだと解ってドラッグストア店内でAxeを探し回る内容。
TBS玄関警備員編
TBS玄関でリンカーンのレギュラー8人全員が出てきたところに大勢の女性ファンが殺到したので警備員が制しようとすると、その警備員に女性が殺到してしまう。唖然としたリンカーンレギュラー達がその原因が警備員のポケットに入っているAxeだと解ってそのAxeを取り合う内容。
当初、警備員のモテモテの原因がAxeだと解って最初にAxeを手にするシーンは三村で撮影されていたが、コンビニ編と同じくあまりにNGを連発するため、蛍原に変更された。
銭湯
汗をかく仕事[2]を終えた松本を除くメンバー7人が桶にタオルとAxeを持って全力疾走。その後、銭湯駆け込み、風呂場の戸を開けるとそこにはAxeで体を洗った松本が欧米系美女4人にモテモテとなって一緒に入浴中だったという内容。

タイアップ・コラボレーション[編集]

  • レインボーシックス ベガス - ラスベガス市内に広告看板がある。また、天蓋アトラクションで有名なフレモント・ストリート・エクスペリエンスステージ内に置かれているAxeのボトルを撃つと、アーケードスクリーン全面が音楽・特殊ムービーと共に広告に変わる。2006年時点でのゲーム内広告としては最大規模の物[3]
  • SCHOOL OF LOCK! - 2007年、番組内にて「カリスマセールスマン林さん」がオリジナル体操企画"THE AXERCISE II"を行った。
  • オビラジR - タイアップで発売イベントを実施。オリエンタルラジオ藤森慎吾がTVCMにならったドッキリを仕掛けられた。
  • リンカーン - 上記に記載されたコラボCMをTBS系列限定で2009年12月から2010年1月半ばまで放送。ユニリーバが同番組のスポンサーを務めている縁で実現した。また、CM撮影の様子も同番組内で放送された。さらにコラボCM第2弾も決定された。
  • メタルギアソリッド ピースウォーカー - フレグランス ボディスプレーがゲーム内アイテムとして登場する。(2010)
  • ONE PIECE - 2011年7月にワンピースオリジナルフィギュア付のフレグランスボディスプレー(ダークテンプテーション、アンリミテッドを除く5種類)、ボディソープ(全種類)を数量限定で発売。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 2007年5月号「日経エンタテインメント!」(日経BP社)
  2. ^ 浜田は魚屋、三村は警察官、大竹は土木作業員、宮迫は寿司職人、蛍原は着ぐるみ役者、天野はシェフ、ウドは整備工場員だった。
  3. ^ IGN.(gamespy 2007-01) http://www.gamespy.com/

外部リンク[編集]