Automatic Acoustic Management

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Automatic Acoustic Management(AAM)は、ハードディスクの騒音を管理する機能で、一部の対応したハードディスクで利用可能である。 この機能を利用すると、ハードディスクのシーク音が任意のレベルで調整可能になる。(低減すればするほど性能は落ちる)

ハードディスクは、製造メーカーがパフォーマンス優先でファームウェアを開発することが多く、騒音が大きくなりがちであったが、この機能を利用することでユーザーレベルでの騒音を低減することが可能になった。

設定可能なアプリケーション[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]