Audacity

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Audacity
Audacity Logo With Name.png
Audacity-2.0.png
Audacity 2.0
開発元 The Audacity Team
初版 2000年05月28日(13年前) (2000-05-28
最新版 2.0.5 / 2013年10月21日(5か月前) (2013-10-21
プログラミング言語 C および C++
対応OS Microsoft Windows, Mac OS X, Linux, Unix
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 多言語対応
サポート状況 開発中
種別 デジタル・オーディオ・エディタ, DAW
ライセンス GPLv2
公式サイト http://audacity.sourceforge.net/
テンプレートを表示

Audacity(オーダシティ、英語で大胆・ずうずうしさといった意味)はフリーデジタル・オーディオ・エディタLinuxFreeBSDMac OS XなどのPC-UNIXMac OS 9Windowsといったオペレーティングシステム (OS) で動作する。AudacityのソースコードGNU General Public License バージョン2 (GPLv2) でリリースされている。グラフィカルユーザインターフェース (GUI) はwxWidgetsライブラリを用いて作成されている。SourceForge.netの2007年度マルチメディア部門最優秀プロジェクト賞を、コミュニティの投票によって受賞した。

特徴[編集]

Audacityには次のような特徴がある:

など

エクスポート[編集]

一度取り込んだ音声データは専用フォーマットの「Audacityプロジェクト (.aup)」フォーマットで保存できる。このフォーマットで保存すると編集履歴が保たれる。ここからWAVやAIFFなど・MP3・Ogg Vorbisへのエクスポートが可能。

  • Ogg Vorbis - エンコーディングはVBR(Variable Bit Rate, 可変ビットレート)で、Q0からQ10までを選択可能
  • LAMEによるMP3へのエンコーディングでは、VBRは選べない

(いずれもversion 1.3b時点)

(version 1.33bでエクスポートに変更があった模様。出力はエクスポートで統一され、更に保存形式とオプションが追加され、ビットレートの変更などが可能になった)

エラーについて[編集]

日本語名のファイルや、文字化けしたファイルをインポートし(アーティスト名などのタグも含む)、aup形式で保存した場合、 not-well-formed(3行目)エラーがでる。 これは、XMLに由来するものであり、回避方法は、aupファイルをメモ帳等で開き、3行目の文字化け部分をカットすることで直る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]