Asterisk (PBX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Asterisk
開発元 Digium
最新版 12.2.0 / 2014年04月23日(2か月前) (2014-04-23
プログラミング言語 C言語
対応OS クロスプラットフォーム
種別 VoIP
ライセンス GNU General Public License / Proprietary
公式サイト http://www.asterisk.org/
テンプレートを表示

Asterisk(アスタリスク)は、アメリカアラバマ州のデジウム(Digium, Inc.)が開発しているオープンソースのIP-PBXのソフトウェア。 GPL 2 ライセンスで配布。ネーミングはアスタリスクマーク(*)に由来する。

概要[編集]

開発者はアメリカのデジウム社のMark Spencer。開発は同社が行っているがオープンソースであり、世界中のプログラマが開発に貢献している。

Linuxにより開発を行われているが、他のOS上でも動作するようにポーティングされ、FreeBSDOpenBSDNetBSDSolarisOS XMac OS Xで動作している。Windows 2000/XP/2003ではAsteriskWin32 (Asterisk on Windows) もある。

特徴[編集]

特徴として次の点があげられる。

  • ボイスメール機能。留守番電話の機能として、不在時などにメッセージを記録することが可能。
  • 音声会議機能。MeetMeと呼ばれ、電話会議サービスを動作させることが可能。
  • 自動音声応答(IVR)機能。音声による自動応答を作成し、動作させることが可能。
  • 自動着信呼配分(ACD:Automatic Call Distributor)機能。コールセンターで利用されるような、待ち時間順でつなぐことや一斉着信などの機能。
  • PSTN公衆交換電話網)への接続が可能。デジウム社やその他で発売されている回線ボードにより接続を行う。この回線ボードをZaptelコンパチブルカードと呼ぶ。この多くは日本では技術基準適合認定されたものではない(技適マークが無い。)ので直接に接続することができない。ISPの行っているIP電話やひかり電話などをレジスターし利用する方法などで回線ボードなしで利用することも実現されている。
  • 保留機能。パーク保留機能が可能。日本のラインキーによる部分はまだ実装されはじめた段階。擬似的なラインキーとして利用する方法では可能。保留音は自由に選曲することができる。
  • AGIといわれるスクリプト連動機能。CGIのような使い方でモジュールを書くことが可能。
  • SLA(Shared Line Appearances)サポート。
  • T.38 パススルーサポート
  • SNMP サポート

利用可能なプロトコル[編集]

利用可能な音声圧縮コーデック[編集]

歴史[編集]

  • 2002年
    • 1月 0.1.10がリリース。
  • 2003年
    • 4月 0.4.0 がリリース。
  • 2004年
    • 9月 1.0.0 がリリース。
  • 2005年
    • 11月 1.2.0 がリリース。
  • 2006年
    • 12月 1.4.0 がリリース。
  • 2008年
    • 10月 1.6.0 がリリース。
  • 2010年
    • 10月 1.8.0 がリリース。
  • 2011年
    • 12月 10.0.0 がリリース。
  • 2012年
    • 10月 11.0.0 がリリース。
  • 2013年
    • 12月 12.0.0 がリリース。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]



公式サイト[編集]