Assistive Technology Service Provider Interface

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Assistive Technology Service Provider Interface (支援技術サービス・プロバイダ・インタフェース、略称: AT-SPI) は、アプリケーションソフトウェアツールキットに依存せずアクセシビリティ機能を提供する方法。 GNOMEプロジェクトが開発した。 AT-SPIツールキットは、アプリケーションコンテンツの論理的な表現を提供する。 スクリーンリーダーまたは拡大鏡のような有用な支援アプリケーションは、障害者にアプリケーションの閲覧・対話を可能にする。

AT-SPIは、Linuxデスクトップ・テスト・プロジェクト英語版Dogtailのようなツールを使用して、ユーザインタフェースの自動テストにも流用できる。

2012年7月の時点では、GTK++2、Java / SwingMozillaスイート、StarSuite / OpenOffice.org / Apache OpenOfficeQt 4[1]にて提供されている。

リナックスファウンデーションは、AT-SPIをLinuxの標準として採用することを検討している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Cross-Platform Accessibility Support in Qt 4” (英語). Qtデベロップメントフレームワークス (2005年). 2012年7月29日閲覧。
  2. ^ ATK/AT-SPI Special Interest Group” (英語). リナックスファウンデーション (2009年12月3日). 2012年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]