Asia-Pacific Network Information Centre

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Asia Pacific Network Information Centre
設立 1993年1月13日
所在地 オーストラリア クイーンズランド州ブリスベン
主眼 IPアドレス空間の割り当てと登録
会員数 2758
ウェブサイト http://www.apnic.net/
テンプレートを表示
The office building that formerly housed APNIC in Brisbane, Australia.

Asia-Pacific Network Information Centre(略称: APNIC)は、東部・南部アジア太平洋エリアを管轄する地域インターネットレジストリ (RIR) である。日本のJPNICも加盟している。

概要[編集]

APNICはJPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)のような国別インターネットレジストリ(NIR)やISPなどの団体から選出されたメンバーで構成される非営利団体であり、現在56カ国が参加している[1]

業務としてはRIRとしてのIPアドレスAS番号の配分・管理業務のほか、APNICやその配下のNIRが配分したIPアドレスやAS番号についてのWHOISサーバ(whois.apnic.net)を管理しており、またこの地域でNIRを持たない国々とICANNとの連絡・調整役も担っている。

APNICは1993年に独立組織として設立され、本部はオーストラリアブリスベンにある。

2011年4月15日には、APNICのIPv4アドレスの在庫が/8ブロック(約1670万アドレス)換算で、1ブロック未満となり、アジア太平洋地域では、IPv4アドレスの在庫は事実上枯渇した[2]

APNICに参加している国家[編集]


AfriNICができるまで、マダガスカルモーリシャスセイシェルも管轄していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]