Ark Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ark Linux
The Ark Linux logo
Arklinux installer.png
Ark Linux installer
開発元企業 / 開発者 Bernhard Rosenkränzer et al.
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル フリーソフトウェア
最新安定版リリース 2007.1 / 2007年8月17日
ライセンス Various
ウェブサイト www.arklinux.org

Ark Linuxは、Linuxディストリビューションの一つ。デスクトップ環境にはKDEを採用している。発音の問題で、よくArch Linuxと混同される。

Ark Linuxインストール可能なOS、またはLive CDとして利用可能である。フリーソフトウェアのプロジェクトであり、ボランティアによって管理されている。

思想[編集]

Ark Linuxの基本的な目標は以下のとおりである。

  • 簡単にインストールして使えるようになること[1]
  • デスクトップ環境に一般的に必要とされるツールとアプリケーションを含むこと[2]
  • 一般的に必要とされるツール・アプリケーション“のみ”を含むこと[3]
  • できる限り簡単かつ高速にソフトウェアを追加できるようにすること[3]
  • 技術的にまともな開発環境であること[3]
  • 100パーセントのフリーソフトウェアであること[4]

内容[編集]

Ark Linuxのコアシステムは、オフィススイート、インターネット接続ツール、インスタントメッセンジャーなど典型的なデスクトップ環境に必要とされる各種ソフトウェアを含み、1枚のCDにまとめられている[5]。 サーバシステム等はコアシステムには含まれていない。コアシステムに含まれていないアプリケーションはAPTを用いるか、アドオンCDで手に入れることが出来る。また、サポートされていないソフトウェア(NVIDIAの3DドライバやAdobe Flashなどオープンでないフリーウェアも含まれる)は、別のオンラインリポジトリから入手できる。

パッケージの管理[編集]

Ark Linuxはパッケージの管理にAPTRPM、フロントエンドにKynapticKDEに移植されたSynaptic Package Manager)を用いている[6]

各リリースに加え、Ark Linuxには4つのパッケージツリーがある。

  • Dockyard: コアシステムに属する、テストされたパッケージ。
  • Dockyard contrib: ライセンスの制限等によってコアシステムに属さない、テストされたパッケージ。
  • Dockyard-devel: 開発ツリー(コアシステム)。うまく動作しない場合のあるソフトウェアが含まれている。
  • Dockyard-devel contrib: 開発ツリー(コアシステムに属さない)。

一般的なインストールでは、アップデート・追加パッケージはDockyard、Dockyard contribツリーから取得される。

Ark Linuxパッケージを作成する開発者のために、主にv* toolchain(全てのツールの名称がvで始まるわけではないが)として知られる数多くのツールが含まれている。それらを用いることによってRPMソースパッケージに対するパッチやスペックファイルの生成を行うことが出来る[7]

リリース[編集]

全てのリリースはテストされたDockyardツリーのスナップショットである。標準インストールでは Dockyard・Dockyard contribツリーからアップデートがなされる。

新しいリリースがなされたとき、ユーザーは再インストールする必要は無い。Dockyardツリーがアップデートされるので、apt-get dist-upgrade を実行することによってユーザーは自動的に新しいリリースを取得することが出来る。

これまでなされたリリースは以下のとおりである。

しかし、よく Dockyard では以前のリリースよりも一層アップデートされている ISO ファイルが利用可能になる。例えば、Ark Linux 2007.1 ではいくつかのハードウェアサポートに問題があった(例えばAHCI SATAを認識しないことなどを含む)。この機能を含むホットフィックスの ISO ファイルがリリースされたが、他のエラーはまだ修正されていないためバージョン番号は変化していない。すなわち、現在推奨されているインストール ISO (Dockyard) は最新版の公式リリースではない。

脚注[編集]

  1. ^ Ark Linux homepage”. Ark Linux. 2008年3月20日閲覧。
  2. ^ Ark Linux FAQ”. Ark Linux. 2008年3月20日閲覧。
  3. ^ a b c Announcement of Ark Linux 2007.1”. Softpedia. 2008年3月20日閲覧。
  4. ^ Ark Linux FAQ”. Ark Linux. 2008年3月20日閲覧。
  5. ^ Ark Linux software map”. Ark Linux. 2008年3月20日閲覧。
  6. ^ Ark Linux FAQ on packaging”. Ark Linux. 2008年3月20日閲覧。
  7. ^ Ark Linux Wiki page on packaging”. Ark Linux. 2008年3月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]