Area 51 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Area 51(エリア51)は2005年Midway Studios Austinが開発し、Midway Gamesにより、プレイステーション2XboxWindows用にリリースされたFPSゲームである。プレイステーション2版は日本でも2006年11月9日にサクセスから発売された。

要素[編集]

プレイヤーは陸軍特殊部隊の危険物処理班「HAZMAT」の隊員イーサン・コールとなり、アメリカの秘密軍事基地施設エリア51を舞台に仲間の隊員達と共に、未知のウイルスにより、突然変異でミュータントと化したした基地の研究者「サイエンティスト」や警備兵「セキュリティ・フォース」及びウイルスの進行で変形したリッパー、エイリアングレイ、正体不明の武装エージェント集団ブラックオプスなどと戦いながら、消息不明のデルタチームを救出し、謎のウイルスを覆うエリア51の基地の謎を追う。ゲームの特徴はスキャン機能があり、プレイヤーは探査センサーを装着しており、分析したい、物や人物や敵などにスキャンするとその情報が得られる。ミッションによってはスキャンしなければならない物もある。また、主人公はゲーム中盤でミュータントに変身が出来る様になる。ミュータントに変身すると、強力な格闘攻撃で攻撃でき、病原体放出(誘導弾)が出来る。

2004年8月31日にパラマウント映画がMidway Gamesのゲーム開発者と協力の元、このゲームの映画化を計画した[1]2007年3月にコミックの漫画家グラント・モリソンを映画の脚本の為、雇うなど、映画化に向けて準備してきた。しかし、未だに映画化はされていない。

登場人物[編集]

チーム・ブラボーおよびその関係者[編集]

イーサン・コール
声:デイヴィッド・ドゥカヴニー
主人公。
アントニー・ラミレス
声:マルコ・ロドリゲス
チーム・ブラボーのリーダー。
ミッチ・クリスマン(クリスピー)
声:ジョシュ・キートン
チーム・ブラボーの隊員。
ジャック・マッキャン
声:ノーラン・ノース
チーム・ブラボーの隊員で微生物学者。

その他[編集]

エドガー
声:ブライアン・ヒュー・ワーナー
宇宙人。
シータ
生物兵器。
グレイ
宇宙人。
ダグラス・ブリッジス
声:パワーズ・ブース
急速対応部隊隊員。
ウィンストン・クレイ
声:イアン・アバクロンビー
空軍試験飛行所「Area 51」第3分遣隊(AFFTC Det.3)に所属する科学者。
ミスター・ホワイト
声:フィリップ・プロクター
イルミナティのリーダー。基地に正体不明の武装エージェント集団のブラックオプスを送り込んだ張本人。
ビクター5
声:ブライアン・カミングス
クレイ博士の研究室で働く、クレイ博士の助手。
チュー中尉
声:ブング・シュピース
チーム・デルタのリーダー。
マルコ
声:ショーン・ドネラン
チーム・デルタの隊員。

日本での発売[編集]

日本で発売されたプレイステーション2版の日本版は海外版と比べ、出血表現の大幅なカットや、倒した敵の死体がすぐに消えたり(海外版は敵の死体はしばらくは消えない)など変更点がある。

無料公開[編集]

このソフトウェアはアメリカ空軍向けに無料配布された[2]。(ただし現在はDoubleFusion.com. での配布は終了した。)

脚注[編集]

外部リンク[編集]