Analog Telephony Adapter

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ATA (Grandstream HT486)
ATA (Digium IAXy) IAX2プロトコルを使用

Analog Telephony AdapterATA)は、アナログ電話機デジタルVoIPベースのネットワークなどの電話網に接続するための装置である。IP電話アダプタVoIPアダプタとも呼ばれる。

形状[編集]

ATAは一般に小さな箱型で、ACアダプタイーサネットポート、FXS電話ポートを備え、FXOリンクも備えていることが多い。アナログ電話機をこれに接続することで、VoIPネットワークに透過的に接続できる。

用途[編集]

既存の公衆電話回線網用の電話機をVoIPネットワークに接続するのに使われ、VoIPサービスプロバイダがサービス提供と同時に販売することが多い。特定のプロバイダとの接続にしか使えない状態で販売されることが多い。プロバイダによっては任意の互換プロバイダとの接続に使える状態で販売しているところもある。

FXS to Ethernet ゲートウェイ[編集]

最も一般的なATAは、FXSポート(形状はRJ-11)で普通の電話機に接続し、イーサネットのジャックでLANに接続する。これによって、普通の電話を遠隔のVoIPサーバに接続する。ATAとサーバ間で使われるプロトコルは、H.323SIPMGCPIAX などである。また、音声信号のエンコード・デコードには、G.711G.729GSMiLBC といった音声コーデックが使われる。ATAはVoIPサーバと直接通信するので、パーソナルコンピュータ上のソフトウェアなどは不要である。

関連項目[編集]