Amazon SimpleDB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Amazon SimpleDB(アマゾン シンプル ディービー)はAmazon.comによる分散データベースである。Amazon Web Servicesの一部であり、一般的にはAmazon Elastic Compute Cloud (EC2) やAmazon S3などとともに使われるWebサービスである。2007年12月13日に公開された[1]CAP定理において、一貫性が成立していなく、それゆえ、書き込みをしても、一貫性読み込みを指定しない限り、読めるようになるまで1秒程度以下の時間がかかる。Erlangで記述されている[2]

課金体系[編集]

EC2やS3と同じように、Amazon社はSimpleDBのストレージ使用量、データ転送量およびインターネットへの転送量に応じて課金を行う。2008年12月1日に1GBのデータとマシン稼動25時間については無料となる新料金形態を発表した[3]。同一地域内の他のAmazon Web Servicesへのデータ転送は無料である[4]

クエリー[編集]

クエリーはSQLに似た構文で行う。関係データベースではないため、JOINはない。スキーマレスであるため、カラムにデータ型を指定する必要はなく、数値は自動的にクエリーの中では数値として扱える。日付は、ISO 8601形式で扱う。インデックスも自動的に張られる。一つのカラムに複数のデータを持たせることもできる。LIKEを使い、前方一致・後方一致・部分一致の文字列検索ができる。

トランザクション[編集]

完全なトランザクションは扱えないが、Conditional PutとConditional Deleteがあり、指定したカラムが指定した値の時のみ更新・削除を行うことができる。これを使い、データの一貫性を保ったまま、データの更新・削除を行うことができる。データにバージョンを持たせたカラムをつけると、楽観的並行性制御を行える。

制約[編集]

以下の制約が規定されている[5]

ストレージの制約[編集]

Attribute 最大量
ドメイン 100アクティブドメイン
ドメインサイズ 10GB
ドメインごとのattribute数 1,000,000,000
itemごとのattribute数 256
attributeサイズ 1024文字

クエリの制約[編集]

Attribute 最大量
クエリ結果により返されるitem数 2500
クエリ実行時間 5秒以内
クエリpredicateのattribute nameの数 1
predicateに対する比較演算 20演算
クエリ展開に対するpredicates 20

参考文献[編集]

  1. ^ Amazon SimpleDB- Limited Beta
  2. ^ What You Need To Know About Amazon SimpleDB
  3. ^ SimpleDB - Free Tier - A shift in AWS pricing
  4. ^ Amazon SimpleDB official home page
  5. ^ Amazon SimpleDB Limits, Amazon SimpleDB Developer Guide (API Version 2007-11-07)

外部リンク[編集]

  • Amazon SimpleDB公式サイト
  • ライブラリ
    • AWS SDK - Java.NETPHP
    • M/DB - SimpleDBとAPI互換があるフリーのオープンソース代替ソフトウェア。ローカルおよびクラウド上のデータベースと接続が可能である。
    • Simple Savant - SimpleDBへの高度なC#インタフェース
    • simplejpa - Java Persistence API でアクセスするインターフェイス
    • typica
  • 代替実装
    • NSimpleDB - SimpleDBデータモデルをデスクトップ用にC#で実装したオープンソースソフトウェア。SimpleDBのプロキシとしても使用できる。
    • simpledb-dev
  • 管理ツール