Allwinner

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Allwinnerは、中国広東省珠海市の珠海全志科技股份有限公司(Allwinner Technology Co. Ltd.)が開発しているARMアーキテクチャSoC

Allwinner Fシリーズ[編集]

ARM9 の SoC。2007年〜2011年にかけて発表。

Allwinner A1x[編集]

A1x シリーズは A10, A10s, A12, A13 から構成されている。CPU に ARM Cortex-A8 を、GPU に Mali 400 を使用している。OEM として BOXCHIP などがある。

モデル[編集]

現在 A1X シリーズは、2つのモデルで構成されている。A10(sun4i)は、下記で述べたフル機能を持っている。A13(sun5i)は、HDMIシリアルATAを持っていなく、低消費電力かつ低コスト向けに設計されていて、タブレット向けである。A10 の前は Boxchip F20 (sun3i) 。A10s は A10 のコストダウン版。

機能[編集]

CPU

  • プロセスルール:55nm
  • ARM Cortex-A8, 1コア, L2キャッシュ256KB

GPU

  • Mali 400, 最大300MHz, 最大2.7GFLOPS

映像処理部

  • HDビデオデコード (Super HD 2160P/3D Film)
  • すべての一般的なビデオフォーマット対応。VP8 AVS, H.264 MVC, VC-1, MPEG-1/2/4, ...
  • HDビデオエンコード (H.264 High Profile)

デジタル処理部

メモリ

  • DDR2, DDR3, 32ビットx1
  • SLC/MLC/TLC/DDR NAND

接続

ストレージとブートデバイス

実装[編集]

多くのメーカーが Allwinner A1X を AndroidLinux のデバイスを走らせるのに採用している。タブレット, セットトップボックス, mini-PCsなどに採用されている。

Linux OS イメージ[編集]

Allwinner A1X の Linux カーネルのソースコードは https://github.com/linux-sunxi/linux-sunxi から入手できる。GPU は OpenGL ES を含めた X Window System のドライバが配布されている[2]。VPU は CedarX が利用可能[3]

Allwinner A20 (sun7i)[編集]

AllWinner A20
  • CPU - Cortex-A7 2コア、L2 256KB (SIMD NEON VFP4,仮想化)
  • GPU - Mali 400 2コア

A10(sun4i)とピン互換性があり、そのまま置き換えることができる。A10のEMAC(10/100Mbit Ethernet MAC)に加えGMAC(GbE MAC)が実装されている。

Allwinner A31[編集]

  • CPU - Cortex-A7 4コア、L2 1MB
  • GPU - PowerVR SGX544 MP2
  • メモリ - LPDDR2/DDR3/DDR3L 32bitx2

類似プラットフォーム[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]