エージェント・オブ・シールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.
ジャンル アクション/冒険
ドラマ
サイエンス・フィクション
製作者 ジョス・ウィードン
ジェド・ウィードン
マウリッサ・タンチャロエン
原作 スタン・リー
ジャック・カービー
出演者 クラーク・グレッグ
ミン・ナ
ブレット・ダルトン
クロエ・ベネット
イアン・デ・キャステッカー
エリザベス・ヘンストリッジ
音楽 ベアー・マクレアリー英語版[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 1
話数 7 (2013年11月12日現在)[2] (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 ジョス・ウィードン
ジェド・ウィードン
マウリッサ・タンチャロエン
ジェフリー・ジャクソン・ベル
ジェフ・ローブ英語版
プロデューサー ゲイリー・A・ブラウン
編集 ポール・トレホ
撮影監督 デヴィッド・ボイド英語版
製作会社 マーベル・テレビジョン英語版
ABCスタジオ
ミュータント・エネミー・プロダクションズ英語版[3]
番組販売会社 ディズニーABCドメスティック・テレビジョン英語版
放送
放送局 ABC
映像 720p (HDTV)[4]
音声 5.1サラウンド・サウンド英語版[4]
放送期間 2013年9月24日
関連番組 マーベル・シネマティック・ユニバース
外部リンク
公式ウェブサイト

Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.』または『Agents of S.H.I.E.L.D.』は、アメリカ合衆国の冒険SFアクション・テレビドラマシリーズ。マーベル・テレビジョン英語版の製作により、2013年9月24日に米ABC系列で放送開始となった。

発案者はジョス・ウィードンであり、マーベル・コミックに登場する同名の組織が描かれる。マーベルの映画のシェアード・ユニバースであるマーベル・シネマティック・ユニバースと世界観を共有する。パイロット版はジョス・ウィードン、ジェド・ウィードン英語版マウリッサ・タンチャロエン英語版が脚本を執筆し、ジョス・ウィードンが監督する。

第1シーズンは全22話となる予定である[2]

ストーリー[編集]

ストーリーは『アベンジャーズ』の後の時系列が描かれる[5]

キャスト[編集]

S.H.I.E.L.D.の捜査官で、多くの現場を統括している[6]。シリーズのヘッドラインとなるキャラクターである[7]
エースパイロットで兵器の専門家でもあるS.H.I.E.L.D.捜査官[8]。キャスティング・シートでは当初アルテア・ライス捜査官と書かれていた[9]
仕事はできるが、同僚とは上手くいっていない、荒々しく反社会的な30代の男。強い道徳基盤を持ち、魅力がないのではない[9][10]
「陽気で間抜け」だが、「暖かく、先端的で機知に富んでいる」キャラクター。20代後半で、どんな状況でも自分の意思を貫く[9][11]
兵器技術を専門とするS.H.I.E.L.D.捜査官[12][9]
生命科学(人間とエイリアン両方)に精通したS.H.I.E.L.D.捜査官で、レオ・フィッツ捜査官とは親密なパートナーである[12][9]

ウィードンとコラボレーション経験があるJ・オーガスト・リチャーズはパイロット版で超能力を持った人間のマイク・ピーターソンを演じる[4]コビー・スマルダーズは『アベンジャーズ』と同じくマリア・ヒルをパイロット版で演じる[13]。ウィードンの『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』及び『セレニティー』にも出演したロン・グラス英語版もまたパイロット版でストレイティン博士役を務める[14][4]デヴィッド・コンラッドイアン・ハートも役名不明でキャスティングされており、複数回出演予定である[15][16]

製作[編集]

2009年8月31日、ウォルト・ディズニー・カンパニーマーベル・エンターテインメント英語版を約40億ドルで買収したことを発表した[17]。ディズニーのCEOボブ・アイガー英語版は、ディズニーはテレビを含むすべてのメディア・プラットフォームでマーベルのプロパティを組み込む意図があることを電話会議で語った[17]。2010年6月、マーベルはマーベル・エンターテインメントの新部門であるマーベル・テレビジョン英語版の社長としてジェフ・ローブ英語版を雇ったことを発表した[18]。就任翌日のインタビューでローブはマーベルはテレビアニメの製作を続け、さらにABCABCファミリーと協力して実写番組の企画を進めることを明かした[19]。翌月、マーベル・コミックを原作とした多数のパイロット版の企画が始まり、その中には『Alias』を原作とした『AKA Jessica Jones[20]ハルクのシリーズ[21]があったが、いずれも実現に至っていない。

2012年7月、マーベル・テレビジョンはABCと共にマーベル・シネマティック・ユニバースをと世界観を共有した新番組の協議に入った[22]。2012年8月、『アベンジャーズ』の監督で、『バフィー 〜恋する十字架〜』と『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』の発案者であもあるジョス・ウィードンが企画に参加することが発表された[23]。数週後、ABCは『S.H.I.E.L.D.』と呼ばれる番組のパイロット版を発注した。パイロット版はジョス・ウィードン、ジェド・ウィードンマウリッサ・タンチャロエンが脚本を執筆し、ジョス・ウィードンが監督し、ジョス・ウィードン、ジェド・ウィードン、マウリッサ・タンチャロエン、ジェフリー・ジャクソン・ベルジェフ・ローブが製作総指揮を務める[24]。シリーズ化が実現した場合、ジェド・ウィードン、タンチャロエン、ベルがショーランナーを務める[25]。ジョス・ウィードンは『アベンジャーズ』からは独立した番組となり、「マーベルの映画を見ていない人に向けた番組となるだろう。マーベルのファンたちはきっと満足すると私は考えている」と述べた[26]。2012年9月、トロント国際映画祭のインタビューでウィードンは、「それは新しいキャラクターだ。独自飲みのである必要がある。(『アベンジャーズ』と)隣接する必要もある。S.H.I.E.L.D.は巨大な組織であるにもかかわらず、スーパーパワーを持たず、この世界から見たら弱者である点について私は興味を持った」と述べた[27]。ウィードンはまた、番組はパワーを持った人々とサイエンスフィクションの光景の物語を持ち、「壮大な冒険のエッジ上の人々」に焦点を当てると説明した[28]

2013年1月、ABC社長のポール・リーはシリーズでは『アベンジャーズ』の後の出来事を描かれることを明かした[29]。パイロット・エピソードの撮影は2013年1月22日から2月11日に行われた[28][30]。2013年4月6日、ABCは番組のタイトルが『Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.』であることを発表した[31]。2013年5月10日、ABCは正式にシリーズ化することを発表した[32]

2013年6月のインタビューでクラーク・グレッグはテレビシリーズがマーベル・シネマティック・ユニバース映画に結びつくことについて「エキサイティングな部分は、『Agents of S.H.I.E.L.D.』は『キャプテン・アメリカ2』や他の映画でのS.H.I.E.L.D.とのように相互作用し、それらが番組に影響を与えるかどうかを見ることである」と説明した[33]。ジェド・ウィードンはテレビシリーズが過去、そして今後のマーベル映画と並行して動くと語った[34]

2013年7月9日、マウリッサ・タンチャロエンは自身のTwitterでジョス・ウィードン、ジェド・ウィードン、ジェフ・ベル、ポール・ズビゼウスキーモニカ・ブリーン英語版ブレント・フレッチャー英語版ローレン・ルフランレイフ・ジャドキンス英語版シャリシャー・フランシスがシリーズの脚本家を務めることを発表した[35]。2013年7月15日、ベアー・マクレアリー英語版が音楽を作曲することが発表された[1]

キャスティング[編集]

2012年10月、主演5人のためのキャスティング・シートが送り出された[9]。同月末、ニューヨーク・コミック・コンにジョス・ウィードン、ケヴィン・フェイグクラーク・グレッグが現れ、グレッグがパイロッド版でもフィル・コールソン捜査官を演じ[6]、さらにシリーズの「ヘッドライン」となることを発表した[7]。同月末頃、ミン・ナがメリンダ・メイ捜査官役にキャスティングされた[8]。2012年11月、エリザベス・ヘンストリッジイアン・デ・キャステッカーがジェマ・シモンズとレオ・フィッツ役にキャスティングされた[12]。11月、ブレット・ダルトンがグラント・ウォード役にキャスティングされた[10]。2012年12月、6人目にして最後のレギュラーキャラクターであるスカイ役にクロエ・ベネットがキャスティングされた[11]。2013年1月、『アベンジャーズ』でマリア・ヒルを演じたコビー・スマルダーズは、番組への出演可能性があり、『ママと恋に落ちるまで』への拘束条件にも当てはまらないことを明かした[36]。2013年4月、ウィードンの1999年のシリーズ『エンジェル』に出演したJ・オーガスト・リチャーズが役名不明でキャスティングされた[37]。リチャーズの役は、同じくウィードンの作品である『バフィー 〜恋する十字架〜』に出演したニコラス・ブレンドンも候補に挙がっていた[38]。後にリチャーズの役名はマイク・ピーターソンであることが明かされた[4]。2013年6月、サミュエル・L・ジャクソンがS.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリー役でのゲスト出演に関心があることを明かした[39]

エピソード[編集]

タイトル 監督 脚本 放送日 製作番号 合衆国視聴者数
(百万人)
1 "Pilot"[40] ジョス・ウィードン ジョス・ウィードン & ジェド・ウィードン英語版 & マウリッサ・タンチャロエン英語版[24] 2013年09月24日 (2013-09-24)[41] N/A
『アベンジャーズ』の後、S.H.I.E.L.D.のエージェントのフィル・コールソンはライジング・タイドと呼ばれる謎の組織を調査するために少数精鋭チームを結成した。すると彼らは超人的な力を得た人間のマイク・ピーターソン(J・オーガスト・リチャーズ)に遭遇する。 
2 "0–8–4"[2] 2013年10月01日 (2013-10-01)[2] N/A
 

国際放送[編集]

2013年6月、CTVカナダでの放送権獲得を発表した[42]オーストラリアではチャンネル7より放送される[43]。2013年8月22日にチャンネル4がイギリスでの放送権獲得を発表し[44]、2013年9月27日より開始される[45]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Boucher, Geoff (2013年7月15日). “'Agents of SHIELD': Clark Gregg's 'commanding presence' calls the tune for composer Bear McCreary”. Entertainment Weekly. 2013年7月15日閲覧。
  2. ^ a b c d Shows A-Z - marvel's agents of shield on abc”. The Futon Critic. 2013年9月5日閲覧。
  3. ^ Lowry, Brian (2013年8月4日). “Review: “Marvel’s Agents of SHIELD””. Variety. 2013年8月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e Read the Official Synopsis For Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D. Ep. 1”. Marvel (2013年9月6日). 2013年9月7日閲覧。
  5. ^ Goldman, Eric (2013年1月11日). “No, it's Not a Prequel: ABC President Confirms S.H.I.E.L.D. Takes Place After The Avengers”. 2013年1月11日閲覧。
  6. ^ a b NYCC 2012: Coulson Lives in Marvel's S.H.I.E.L.D.”. Marvel.com (2012年10月13日). 2012年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月13日閲覧。
  7. ^ a b NYCC: COULSON LIVES IN WHEDON'S "S.H.I.E.L.D."”. Comic Book Resources (2012年10月13日). 2012年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月13日閲覧。
  8. ^ a b Andreeva, Nellie (2012年10月24日). “Ming-Na To Star In Joss Whedon’s ABC Pilot ‘Marvel’s S.H.I.E.L.D.’”. Deadline.com. 2012年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月24日閲覧。
  9. ^ a b c d e f Roots, Kimberly (2012年10月1日). “S.H.I.E.L.D. Scoop: Meet the Members of Joss Whedon's New ABC Pilot!”. TVLine. 2012年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月1日閲覧。
  10. ^ a b マイケル・オーシエロ (2012年11月27日). “Exclusive: Joss Whedon's Red-Hot S.H.I.E.L.D. Pilot Adds 'Deadly' New Agent”. TVLine. 2012年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月27日閲覧。
  11. ^ a b Goldberg, Lesley (2012年12月19日). “Joss Whedon's 'S.H.I.E.L.D.' Pilot Enlists 'Nashville' Actress (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. オリジナル2012年12月19日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6D2HynHXb 2012年12月19日閲覧。 
  12. ^ a b c Goldberg, Lesley (2012年11月13日). “Joss Whedon's 'S.H.I.E.L.D.' Pilot Adds Two Agents (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. オリジナル2012年11月13日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6C9JCJpva 2012年11月13日閲覧。 
  13. ^ Goldberg, Lesley (2013年7月19日). “Cobie Smulders' Comic-Con Reveal: Secret 'Agents of SHIELD' Role”. The Hollywood Reporter. 2013年7月19日閲覧。
  14. ^ Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D. - Ming-Na Wen - Comic-Con 2013”. IGN (2013年7月19日). 2013年7月20日閲覧。
  15. ^ Exclusive: Agents of S.H.I.E.L.D. Books Ghost Whisperer's David Conrad For Top-Secret Gig”. TVLine (2013年7月31日). 2013年7月31日閲覧。
  16. ^ Hibberd, James (2013年8月13日). “INSIDE TV 'Agents of SHIELD' casts 'Luck' actor -- EXCLUSIVE”. Entertainment Weekly. 2013年8月13日閲覧。
  17. ^ a b Goldman, David (2009年8月31日). “Disney to buy Marvel for $4 billion”. CNN. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月29日閲覧。
  18. ^ Jeph Loeb Named Marvel's Executive VP of Television”. Superherohype.com (2010年6月28日). 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月29日閲覧。
  19. ^ Animation And More: JEPH LOEB Talks Marvel TV Plans”. Newsarama (2010年6月29日). 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月29日閲覧。
  20. ^ Schneider, Michael (2010年12月17日). “'Twilight' Screenwriter Sets Marvel Adaptation for TV”. Variety. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月17日閲覧。
  21. ^ Molloy, Tim (2012年5月15日). “Screenwriter Sets Marvel Adaptation for TV”. The Wrap. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月15日閲覧。
  22. ^ Andreeva, Nellie (2012年7月27日). “ABC And Marvel Eying ‘Avengers’-Themed TV Series”. Deadline.com. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月29日閲覧。
  23. ^ Graser, Marc (2012年8月7日). “Joss Whedon will return for 'The Avengers 2'”. Variety. 2012年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月7日閲覧。
  24. ^ a b Andreeva, Nellie (2012年8月28日). “ABC Greenlights ‘S.H.I.E.L.D’ Marvel Pilot, Joss Whedon To Co-Write & Possibly Direct”. Deadline.com. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月28日閲覧。
  25. ^ Littleton, Cynthia (2012年8月28日). “ABC orders Marvel 'S.H.I.E.L.D' pilot”. Variety. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月29日閲覧。
  26. ^ Schou, Solvej (2012年8月30日). “Joss Whedon talks 'S.H.I.E.L.D.' TV series -- plus 'The Avengers' back in theaters Labor Day weekend”. Entertainment Weekly. 2012年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月30日閲覧。
  27. ^ Wigler, Josh (2012年9月12日). “Joss Whedon Says 'S.H.I.E.L.D.' TV Series Will Star 'New Characters'”. MTV Splash Page. 2012年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月12日閲覧。
  28. ^ a b Wigler, Josh (2013年1月11日). “Joss Whedon's 'S.H.I.E.L.D.' Is About 'Powers,' 'Spectacle' And 'Little Things' That Matter”. MTV Splash Page. 2013年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月11日閲覧。
  29. ^ Goldman, Eric (2013年1月11日). “No, it's Not a Prequel: ABC President Confirms S.H.I.E.L.D. Takes Place After The Avengers”. IGN. 2013年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月11日閲覧。
  30. ^ Tancharoen, Maurissa (2013年2月11日). “That's a wrap.”. Twitter. 2013年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月12日閲覧。
  31. ^ Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.”. ABC Studios (2013年4月6日). 2013年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月6日閲覧。
  32. ^ Andreeva, Nellie (2013年5月10日). “ABC Picks Up Marvel/Joss Wheden’s ‘S.H.I.E.L.D.’ To Series”. Deadline.com. オリジナル2013年5月10日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6GWTLc4lF 2013年5月10日閲覧。 
  33. ^ Cornet, Roth (2013年6月20日). “Clark Gregg Talks Much Ado & Coulson's Return in S.H.I.E.L.D.”. IGN. 2013年6月21日閲覧。
  34. ^ Hibberd, James (2013年7月11日). “'Agents of SHIELD' scoop: 5 things we've learned”. Entertainment Weekly. 2013年7月11日閲覧。
  35. ^ Tancharoen, Maurissa (2013年7月9日). “#WritersofSHIELD @JossWhedon @JedWhedon Jeff Bell, Paul Zbyszewski @MonicaBreen Brent Fletcher @LaurenLeFranc @RafeJudkins Shalisha Francis.”. Twitter. 2013年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月6日閲覧。
  36. ^ DeSaulnier, Jordan (2013年1月26日). “ICobie Smulders Talks 'Captain America: The Winter Soldier and 'S.H.I.E.L.D. TV Series”. I Am Rogue. 2013年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月28日閲覧。
  37. ^ Ausiello, Michael (2013年4月5日). “New S.H.I.E.L.D. Mystery: Joss Whedon Casts Angel Alum in Pilot — But as Who?!”. TVLine. 2013年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月5日閲覧。
  38. ^ Connelly, Brendon (2013年6月23日). “SHIELD Mystery: Was Nicholas Brendon Up for the J August Richards Role”. Bleeding Cool. Avatar Press. 2013年6月25日閲覧。
  39. ^ Vineyard, Jennifer (2013年6月6日). “Samuel L. Jackson Would Like to Guest on S.H.I.E.L.D.”. Vulture. 2013年6月7日閲覧。
  40. ^ (#101) "Pilot"”. The Futon Critic. 2013年9月10日閲覧。
  41. ^ Agents of SHIELD (2013年7月16日). “It's official. Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D. premieres Tuesday, September 24 at 8/7c on ABC. Are you ready?”. Twitter. 2013年7月24日閲覧。
  42. ^ Szklarski, Cassandra (2013年6月6日). “CTV adds Kirstie Alley sitcom, Marvel drama and nabs 'Person of Interest'”. CTV News. 2013年7月18日閲覧。
  43. ^ Yeap, Sue (2013年6月5日). “Aussie faces feature in US shows”. The West Australian. Yahoo. 2013年7月24日閲覧。
  44. ^ Channel 4 aquires 'Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D'”. Channel 4 (2013年8月22日). 2013年8月22日閲覧。
  45. ^ Munn, Patrick (2013年9月6日). “Channel 4 Sets UK Premiere Date For ‘Marvel’s Agents Of S.H.I.E.L.D.’”. TV Wise. 2013年9月8日閲覧。
全般

外部リンク[編集]