Advanced RISC Computing

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Advanced RISC Computing (ARC) は、コンピュータメーカーによる今はなきコンソーシアム(Advanced Computing Environment (ACE) プロジェクト)によって公開された標準的なMIPS RISCベースのハードウェアファームウェア環境についての仕様である。

ACEはすでに存在していないし、ARC仕様に完全に従ったコンピュータは製造されていないが、ARCシステムは全てのMicrosoft Windows NTベースのオペレーティングシステムに幅広くレガシーとして影響を及ぼしている。例えば、Windows XPはARCのブートデバイスの命名規則を使っている。さらに、SGIは、ARCSと呼ばれる、手直ししたARCファームウェアをSGI製のシステムで使っている。IRIX 6.1以降が動く全てのSGIのコンピュータ(IndyOctaneなど)では、まずはARCSコンソールが起動する。ARCSコンソールはWindowsがするのと同じ命名規則を使っている。

加えて、ほとんどのWindow NTが動くRISCベースのコンピュータはWindow NTをブートさせるためにARCブートコンソールを使っている。このようなコンピュータは以下のようである。

  • MIPS R4000ベースのシステム(MIPS Magnumワークステーションなど)
  • 1999年9月にWindows NT Alphaのサポートが終了する前までに設計されたPCIバスを持った全てのAlphaベースのマシン(AlphaのARCファームウェアはAlphaBIOSとも呼ばれた)
  • ほとんどのWindows NTに対応したPowerPCコンピュータ(IBM RS/6000 40Pなど)

インテルIA-32ベースのコンピュータもARCコンソールを採用すると思われたが、ARCファームウェアを採用したIA-32ベースのマシンで市場に投入されたのは、SGIのSGI ヴィジュアル・ワークステーションシリーズだけであった。これは1999年に発売された。

いくぶんかでもARC標準に従った製品には、以下のものが含まれる

外部リンク[編集]