AWA世界ライトヘビー級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AWA世界ライトヘビー級王座(AWAせかいライトヘビーきゅうおうざ、AWA World Light Heavyweight Championship)は、アメリカン・レスリング・アソシエーション(以下「AWA」と略)が認定するプロレス王座の一つである。

歴史[編集]

1981年に設立され、マイク・グラハムを初代王者に認定。

しかし、1988年に日本のFMWがAWAの許可を得ずジミー・バックランドを第6代王者に認定(ただしバックランドがグラハムを倒したために認定した可能性もある)。FMWにおいては、初期の同団体の路線に沿って異種格闘技戦として行われることも多く、プロレスの王座でありながら、テコンドー李珏秀や、キックボクサースタイルの上田勝次も戴冠している。

AWAでは1990年に一度空位となり、バック・ズモフジョニー・スチュワートを退けて王座を奪還するが、1991年AWA解散のため封印。

一方FMW版は、AWA解散後も存続し継承されたが、1992年4月に「WFDA世界マーシャルアーツ・ジュニアヘビー級王座」に改称され、さらに「インディペンデント・ワールド・ジュニアヘビー級王座」に取って代わる形で1993年封印。

歴代王者[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日 戴冠場所
初代 マイク・グラハム 1 1981年6月 AWA本部から指名
第2代 バック・ズモフ 1 1983年6月19日 ハンブルク
第3代 スティーブ・リーガル 1 1984年3月25日 セントポール
第4代 バック・ズモフ 2 1985年11月28日 セントポール
第5代 マイク・グラハム 2 1988年 AWA本部から指名
第6代 バック・ズモフ 3 1990年8月11日 ロチェスター、ジョニー・スチュワート

FMW版王座[編集]

レスラー 戴冠回数 戴冠日 戴冠場所
第6代 ジミー・バックランド 1 1988年12月 タンパ
第7代 李珏秀 1 1990年4月1日 東京
第8代 上田勝次 1 1990年9月25日 名古屋、李の王座返上に伴いワンナイトトーナメントで決定
第9代 ジミー・バックランド 2 1990年11月5日 東京
第10代 リッキー・フジ 1 1991年5月29日 東京
第11代 マーク・スター 1 1991年8月24日 東京
第12代 上田勝次 2 1991年8月24日 千葉
第13代 ドクター・ルーサー 1 1992年3月23日 埼玉
「WFDA世界マーシャルアーツ・ジュニアヘビー級王座」に改称
上田勝次 1992年9月7日 埼玉

スーパースター・オブ・レスリング版王座[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]