ASRock

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
華擎科技股份有限公司
ASRock incorporation
AsrockLogo.png
華擎科技股份有限公司
種類 公開会社
本社所在地 台湾 台北
設立 2002年
業種 IT 産業
事業内容 マザーボード、 HTPC、サーバ、IPC
代表者 会長: Ted Hsu(テッド・シュウ)
部長: Sterling Wu(スターリング・ウー)
最高執行責任者: LL Shiu(LLシュー)
売上高 連結:△ $42億5600万米ドル
(2011年度)
営業利益 連結:△ $4256万米ドル
(2011年度
テンプレートを表示


ASRock Incorporation(華擎科技) は、台湾を本拠地とするマザーボード、産業用PC、HTPCのメーカーであり、Ted Hsuが会長を務めている。2002年に設立され、現在はPegatron Corporationの所有となっている。

沿革[編集]

ASRock は当初、OEM市場商品で Foxconn 等と競合するために、2002年、Asusからスピンオフされ設立された企業である。その後 DIY 部門でも勢いを高め、2007年には台湾株式市場[1]での新規株式公開を実現して一流企業の仲間入りを果たしている。 ASRock は、数々の専門ウェブサイトで、十分な価値(コスト/パフォーマンス)を持つ企業としての定評を得ており、一連の製品は賞や推薦を多数獲得している。[2] ASRock は、2011年には800万点のマザーボードを販売し、それぞれ700万点販売のECS や MSI と肩を並べた。DigiTimesからの引用データによると、ASRockは Asustek 、Gigabyteに次ぎ、業界第3位へと上昇している。これは2009年に登場した企業の中でも特に著しく成長した企業の一つであり、ASRockは更に2010年度の数字ではMSI 、 ECSよりも上位へと前進した。 近年、ASRockはトップマザーボードメーカーの一つに数えられている。

主要商品とサービス[編集]

CPUソケットアップグレード用のAM2CPU Board

マザーボードに限らず、 ASRockの小型デスクトップコンピュータ製品は、国際的に高い競争力を有している。これらのシリーズ製品はメディアで推薦されることも多く、素晴らしい受賞歴を誇っている。ASRock の3製品は、初めて2012 年台湾ブランド賞の最終選考に残り、対外貿易発展協会の世界に向けた台湾ブランド品質イメージプロモーションにおいて、同協会から高い評価を受けている。 2012年、 ASRockは産業用PCとサーバ、マザーボード市場に参入し、今後更なる利益向上が見込まれている。

受賞歴[編集]

トップマザーボードメーカーであるASRockは、若く活気ある企業であり、主流ユーザーから熱狂的なマザーボードマニアに到るまで、多種多様なユーザーをターゲットとしており、世界中で信頼性と技術において高い評判を博している。 研究開発においては、ASRock は2002年よりイノベーションを用いてブランド構築を行ってきている。 XFast 555 テクノロジー (XFast RAM、XFast LAN,、XFast USB)といった独自技術を搭載した ASRock 7シリーズのマザーボードを使用した場合、ユーザーはPC全体のパフォーマンス、LAN 速度、 USB転送速度において「本物の」 パフォーマンスの改善(最大5倍速)を体験することができる。ASRock は、非常に競争力のある価格で安定した品質のマザーボードを提供するメーカーという評判を築いてきている。 ASRock はマザーボード市場での販売記録を破っただけでなく、数々の受賞製品が世界のメディアから推奨されている。例えば、 ASRock はX79 Extreme4でTom's Hardware の2012年 Recommended Buy Award(購入推薦賞)を、Z77 Extreme4でXbit labs 2012年Editor Recommended Award(エディター推薦賞)を受賞している。 さらに ASRock Z68 Extreme7 Gen3、Fatal1ty Z68 Professional Gen3 、ミニ PC シリーズは、2011 年度台湾ブランド賞で3つの賞を受賞し、台湾産業におけるトップクオリティのイメージを証明している。


主な市場[編集]

ASRock は世界で上位3社に数えられるマザーボードブランドであり、電器店、PCストア、ハイテク機器専門販売店、オンラインショップなどを販路としてる。2011年の主要販売地域は、欧州が 37.68%, 中央アメリカ/南米が21.13%, アジア太平洋地域が40.95% 、その他地域はわずか 0.24%となっており、概してASRock の業績はアジアと欧州が大部分を占めている。

市場の概要[編集]

2011年度のDigitimes年次報告書によると、 ASRockはブランド構築のために努力し、ここ数年、実に早いスピードで成長を遂げてきている、とされている。ここ2年、ASRock はマザーボードブランドのトップ3のうちの1社に数えられている。ASRocksの全般にわたる業績は、次第に世界中の注目を集めるようになっている。


外部リンク[編集]