ASMP (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ASMP Air-Sol Moyenne Portée
Air-sol moyenne portée (ASMP).png
種類 巡航ミサイル空対地
全長 5.4m
直径 350mm
全幅 960mm
推進 固体燃料ロケットブースター+ラムジェットエンジン
速度 マッハ3
重量 840kg
弾頭 TN 80、後にTN 81核弾頭
TNT300kt/150kt相当
誘導 プログラム誘導
射程 80-300km

ASMPAir-Sol Moyenne Portée)は、フランスアエロスパシアル製の空中発射型巡航ミサイル

フランスの核抑止力(Force de frappe)の一環であり、全面的な核戦争へ移行する直前の段階で使用される。

1986年よりフランス空軍へ配備され、1989年からはフランス海軍にも配備が開始されている。84発が生産された(空軍60、海軍24)。AN-22核爆弾を運用していたミラージュIVと、AN-52核爆弾を運用していたシュペルエタンダールに運用能力が与えられた。後に、ミラージュ2000Nラファールによる運用も可能とされた。

2010年の実用化を目指して、射程を延伸したASMP-Aと呼称される改良型が開発中であり、2006年1月16日に、ミラージュ2000Nによって最初の試射が行われた。

推進方式に固体ロケット・ラムジェット統合推進を採用していることが特徴である。

外部リンク[編集]