AO-63

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AO-63
AO-63
種類 アサルトライフル
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
設計・製造 デジニトクマッシ
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.45mm
使用弾薬 5.45x39mm弾
装弾数 30 発(箱型弾倉)
50 /100 発(ドラム形弾倉)?
全長 890mm
重量 3.68kg
発射速度 850 発/分
6,000 発/分(2発バースト時)
有効射程 600 m
歴史
設計年 1986年
テンプレートを表示


AO-63は、ソビエト連邦(現在のロシア連邦)で開発されたダブルバレル式フルオートマチックアサルトライフルである。

開発[編集]

1980年代半ば、それまでの主力小銃であるAK-74Mを代替するための新型小銃開発計画である「アバカン計画」が開始された。AO-63は、S・G・シモノフとP・A・トカレフによって設計され、デジニトクマッシで試作され、1986年に完成した。

AO-63は、ニコノフが設計したAN-94の他、TKB-059AO-222AEK-971などの試作小銃と共に、スペツナズで試験運用された。しかし、AN-94が最も良好な成績を残したため、AO-63は不採用となった[1]。なお、計画名の「アバカン」は、そのままAN-94の愛称となって現在に至る。

設計[編集]

先述のとおり、銃身は2門あり、縦方向に並べられている。この2門の銃身から射撃することで、2発バースト時のみ毎分6,000発という、他のアサルトライフルを凌ぐ驚異的な連射能力を有する。弾倉はAK-74と同じ30mm箱形弾倉が用いられたが、50発・100発のドラム形弾倉も使用されたといわれている。しかし、AK-74やRPK-74にはドラム形弾倉が存在せず、この情報は疑わしい。

参考資料[編集]

  1. ^ Ружье" 1_1998 "Эйнштейн, Чехов и Платон?

関連項目[編集]

外部リンク[編集]