ANTLR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ANTLR
開発元 Terence Parr, Sam Harwell
最新版 4.2 / 2014年02月3日(6か月前) (2014-02-03
プラットフォーム Javaプラットフォーム
種別 パーサジェネレータ
ライセンス BSDライセンス
公式サイト www.antlr.org
テンプレートを表示

ANTLRANother Tool for Language Recognition)とは、LL(*)構文解析に基づくパーサジェネレータである(バージョン3.xはLL(*)、2.xまではLL(k))。PCCTSPurdue Compiler Construction Tool Set)の後継として1989年に開発され、現在も活発に開発が続いている。中心となっているのは、サンフランシスコ大学の Terence Parr 教授である。

ANTLR はLR法に基づいたパーサジェネレータと競合関係にあり、"ANT(i)-LR"(反LR)と読めるのも偶然ではない[要出典]

ANTLR はパーサだけでなくレキサーおよびツリーパーサも生成可能である。 文法の記述方法は、EBNFに似た形式となっている。

現在のところ、ANTLR は CC++JavaPythonC#ActionScriptJavaScriptRubyObjective-Cなどの言語のコード(構文解析器のコード)を生成する。ANTLR はBSDライセンスで提供されている。

理論的背景は、ANTLRのサイトにある論文 LL(*): The Foundation of the ANTLR Parser GeneratorANTLR: A Predicated-LL(k) Parser Generator などを参照されたい。

IntelliJ IDEAEclipse 向けに ANTLR の文法をサポートするプラグインがいくつか存在する。商用製品の ANTLR Studio for Eclipse や ANTLR 4 IDE などがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]