ANSI.SYS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ANSI.SYS(アンシ・シス)は、ANSIエスケープシーケンスによってコンソール拡張機能を提供するDOSオペレーティングシステムデバイスドライバである。 その一部は、コードおよび文字セットに関するANSI X3L2技術委員会(「X3委員会」)によって提案されたテキスト端末制御規格のサブセットに基づいている。

使用法[編集]

MS-DOSのもとでANSI.SYSを使うには、CONFIG.SYS(Windows NT系のWindowsではCONFIG.NT)に次のような行を追加する:

device=(drive:)(path)ANSI.SYS

ここで、(drive:)および(path)は、ANSI.SYSの存在するパスのドライブレターディレクトリである。

機能[編集]

ANSI.SYSが一度読み込まれると、画面上のカーソルや文字の色を変更するコード・シーケンスを有効にしたり、あるいはソフトウェア・プログラムでカーソルを上下の行に移動させたり、テキストを点滅させたり、といったテキストグラフィックス機能が使えるようになる。 このドライバーを使用すると、テキストを16の異なる色(前景色)で、8つの背景色と共に表示することもできる。 さらに、インストールされたビデオカードに依存するが、標準の80x25テキストモードから多くの異なるグラフィックモード(例えば320x200、640x200、40桁のテキストモード)にビデオモードを変更することができる。

ANSI.SYSの興味深い機能の一つは、複雑なコマンドのためのショートカットやマクロとして動作するよう、キーボード上の任意のキーの再配置ができることである。

キーボードの悪質な再配置を仕込んだ「ANSI爆弾」と呼ばれるテキストファイルから単純なトロイの木馬を作成するために、この機能が悪用されたこともある。 多くのアンチウイルスソフトウェアは、例えば、ファンクションキーF3がDEL *.*FORMAT C:に書き換えられたり、(NOを意味する)NキーがYに書き換えられたりしていないことを確認するように書かれていた。

ANSI.SYSはBIOSコールで実装されていたため、動作が非常に遅かった。 後継のソフトウェアには直接ビデオメモリにマッピングし、コンソール入出力を便利にしたものがいくつかあった(IBM PCで動作するほとんどのプログラムがフルスクリーン表示を行った方法と同じである)。 概してこれらの後継ソフトウェアはキーの再配置機能を削除したため、「ANSI爆弾」のおそれはなくなった。

出現箇所[編集]

ANSI.SYSは下記を含むマイクロソフト製オペレーティングシステムの一部となっている:

IBM PC DOSDR-DOSのような多くの非マイクロソフト製のDOSの中にもANSI.SYSが存在する。

ANSI.SYSは、カーソルと色の管理機能を使用するいくつかのソフトウェアを実行するために必要だった。 また、command.comプロンプトの中で複雑なカラー・コードを実現するために使われることもあった。 これらよりはるかに目立ったANSI.SYSの使用法は電子掲示板で見られた。 ANSIエスケープシーケンスは電子掲示板でアスキーアートより精巧なテキストグラフィックスを送ったり、多くのオンラインゲームで使用された方法でカーソルを制御したりといった用途に使われた。

特色[編集]

ANSI.SYSに特有のエスケープシーケンスを次にいくつか挙げる。

エスケープシーケンス 機能
CSI = n h スクリーンモードのセット
CSI = n l スクリーンモードのリセット
CSI code ; param [ ; param ] p キーの再定義
スクリーンモード
モード 説明 モード 説明
0 40 × 25 モノクロ 1 40 × 25 カラー
2 80 × 25 モノクロ 3 80 × 25 カラー
4 320 × 200 カラー 5 320 × 200 モノクロ
6 640 × 200 モノクロ 14 640 x 200 カラー(16色グラフィックス)
13 320 x 200 カラー(グラフィックス) 19 320 x 200 カラー(256色グラフィックス)
15 640 x 350 モノクロ(2色グラフィックス) 16 640 x 350 カラー(16色グラフィックス)
17 640 x 480 モノクロ(2色グラフィックス) 18 640 x 480 カラー(16色グラフィックス)
7 行末でワードラップする

関連項目[編集]

外部リンク[編集]