AKAP13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A kinase (PRKA) anchor protein 13
識別記号
記号英語版 AKAP13; AKAP-Lbc; ARHGEF13; BRX; FLJ11952; FLJ43341; HA-3; Ht31; LBC; PROTO-LB; PROTO-LBC; c-lbc
その他ID OMIM英語版604686 MGI英語版2676556 HomoloGene英語版4903 GeneCards: AKAP13 Gene
オルソログ
ヒト マウス
Entrez英語版 11214 75547
Ensembl英語版 ENSG00000170776 ENSMUSG00000066406
UniProt英語版 Q12802 n/a
RefSeq (mRNA) NM_006738.4 NM_029332.1
RefSeq (protein) NP_006729.4 NP_083608.1
Location (UCSC) Chr 15:
85.78 - 86.29 Mb
Chr 7:
82.6 - 82.9 Mb
PubMed search [1] [2]

Aキナーゼアンカータンパク質13(エーキナーゼアンカータンパクしつ13、: A-kinase anchor protein 13)は、ヒトAKAP13遺伝子にコードされているタンパク質である[1][2][3]

Aキナーゼアンカータンパク質 (AKAP) 類は、構造的に多様性を持ったタンパク質の一群である。プロテインキナーゼA (PKA) の調整サブユニットに結合する共通機能を有しており、ホロ酵素を細胞内の別々の場所に縛り付ける。この遺伝子はAKAPファミリーのメンバーをコードしている。この遺伝子の選択的スプライシングの結果、dblがん遺伝子相同 (dbl oncogene homology, DH) ドメインおよびプレクストリン相同ドメイン英語版(PHドメイン)を含む異なるアイソフォームをコードしている少なくとも3つの転写バリアントが生じる。DHドメインは低分子量GTP結合タンパク質であるRho/Racファミリーのグアニンヌクレオチド交換活性化に関与しており、不活性型GTPaseをシグナルを伝達することができる活性型に変換する。PHドメインは多面的な機能を有している。したがって、これらのアイソフォームは、Rhoシグナル経路をまとめる足場タンパク質として機能し、さらにプロテインキナーゼAアンカータンパク質としても機能する[3]

相互作用[編集]

AKAP13は、エストロゲン受容体α英語版[1]CTNNAL1[4]PRKAR2A[5][6]相互作用することが示されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Rubino D, Driggers P, Arbit D, Kemp L, Miller B, Coso O, Pagliai K, Gray K, Gutkind S, Segars J (Jul 1998). “Characterization of Brx, a novel Dbl family member that modulates estrogen receptor action”. Oncogene 16 (19): 2513–26. doi:10.1038/sj.onc.1201783. PMID 9627117. 
  2. ^ Carr DW, Stofko-Hahn RE, Fraser ID, Bishop SM, Acott TS, Brennan RG, Scott JD (Sep 1991). “Interaction of the regulatory subunit (RII) of cAMP-dependent protein kinase with RII-anchoring proteins occurs through an amphipathic helix binding motif”. J Biol Chem 266 (22): 14188–92. PMID 1860836. 
  3. ^ a b Entrez Gene: AKAP13 A kinase (PRKA) anchor protein 13”. 2012年1月26日閲覧。
  4. ^ Park, Brian; Nguyen Nhan T, Dutt Parmesh, Merdek Keith D, Bashar Mariam, Sterpetti Paola, Tosolini Alessandra, Testa Joseph R, Toksoz Deniz (Nov. 2002). “Association of Lbc Rho guanine nucleotide exchange factor with alpha-catenin-related protein, alpha-catulin/CTNNAL1, supports serum response factor activation”. J. Biol. Chem. (United States) 277 (47): 45361–70. doi:10.1074/jbc.M202447200. ISSN 0021-9258. PMID 12270917. 
  5. ^ Alto, Neal M; Soderling Scott H, Hoshi Naoto, Langeberg Lorene K, Fayos Rosa, Jennings Patricia A, Scott John D (Apr. 2003). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=153575 “Bioinformatic design of A-kinase anchoring protein-in silico: a potent and selective peptide antagonist of type II protein kinase A anchoring”]. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. (United States) 100 (8): 4445–50. doi:10.1073/pnas.0330734100. ISSN 0027-8424. PMC 153575. PMID 12672969. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=153575. 
  6. ^ Carr, D W; Hausken Z E, Fraser I D, Stofko-Hahn R E, Scott J D (Jul. 1992). “Association of the type II cAMP-dependent protein kinase with a human thyroid RII-anchoring protein. Cloning and characterization of the RII-binding domain”. J. Biol. Chem. (UNITED STATES) 267 (19): 13376–82. ISSN 0021-9258. PMID 1618839. 

推薦文献[編集]