AGM-142 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AGM-142
Popey missile.jpg
AGM-142
種類 空対地ミサイル
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イスラエルの旗 イスラエル
設計 ラファエル
製造 ロッキード・マーティン
性能諸元
ミサイル直径 533mm
ミサイル全長 4820mm
ミサイル重量 1,360kg
射程 78km
誘導方式

慣性誘導

赤外線画像誘導/TV画像誘導
飛翔速度 亜音速
テンプレートを表示

AGM-142 ハヴ・ナップ(AGM-142 Have Nap)はイスラエルアメリカが共同開発した空対地ミサイル

概要[編集]

AGM-142はアメリカのロッキード・マーティンとイスラエルのラファエルが共同開発したミサイル。大型の地上目標へのスタンドオフ攻撃に使用される。

航空機から発射後は単段式固体燃料ロケットを動力に慣性誘導で飛行、終端誘導は赤外線画像方式かTV画像方式で行われる。また発射機からデータリンクにより誘導することも出来る。

弾頭は重量340kgの爆風/破片式弾頭と重量360kgの徹甲弾頭の2種類が存在する。

運用[編集]

基本的には様々な航空機との互換性を持つ。アメリカ空軍では主にB-52H戦略爆撃機に搭載され、地上の大型固定目標への精密爆撃に使用されている。他の採用国では韓国空軍ではKF-16戦闘機に、トルコ空軍ではF-4E 2020 Terminatorに、オーストラリア空軍ではF-111戦闘爆撃機の電子機器能力向上計画(APU)改修機に搭載されている。

またイスラエル国防軍では航空機用だけでなく独自に潜水艦ドルフィン級潜水艦)発射式核弾頭搭載型巡航ミサイルへと改造・運用していると見られている。

運用開始後も信頼性向上・コスト削減のために改良が重ねられており、飛翔翼やロケットエンジン、制御システムの新型コンポーネントへの換装が行われている。

ちなみに湾岸戦争では実戦で使用可能だったが、「砂漠の嵐」作戦では使用されなかった。これはイスラエルが設計したミサイルをイスラム世界イラクに使用することを問題とした政治的配慮であると言われている。

スペック[編集]

  • 重量 : 1,360 kg (3,000 lb)
  • 全長 : 4.82 m (15 ft 10 in)
  • 直径 : 533 mm (21 in)
  • 翼幅 : 1.98 m (78 in)
  • 誘導 : 慣性誘導+赤外線画像/TV画像方式
  • 動力 : 単段式固体燃料ロケット
  • 射程 : 78 km (48 miles)

派生型[編集]

  • Have Lite - Have Nap(通常型)の小型化モデル。F-16等の軽量戦闘機用に全長424cm、重量1125kgまで小型化されている。
  • Popeye Turbo - 潜水艦発射式の巡航ミサイル。全長6.25mに大型化され、射程も320kmまで延長されている。

採用国[編集]

関連項目[編集]