ABCの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ABCの歌』(エイビーシーのうた)は、英語で使われるアルファベットラテン文字)を学習するための歌で、幼稚園や保育園で歌われることが多い。『アルファベットの歌』(: Alphabet song)とも呼ばれる。『きらきら星』のメロディに乗せて歌うものが最も良く知られているが、それ以外の『ABCの歌』も存在する。

初めて日本に紹介されたのは江戸末期で、ジョン万次郎の著した英会話本による。

The A.B.C.[編集]

楽譜

「きらきら星」のメロディで歌うもので、日本やアメリカで『ABCの歌』と言えばたいていこれを指す。

ボストンに本社を置くチャールズ・ブラッドリー社(Charles Bradlee)により1835年に「The A.B.C. - フルートのための変奏曲『ドイツの旋律』簡単なピアノ伴奏付き」("The A.B.C., a German air with variations for the flute with an easy accompaniment for the piano forte") の題名で最初に著作化された。

歌詞[編集]

さまざまな変奏曲のものが存在している。

以下では、" - "(ハイフン)により四分音符1個、" , "(カンマ)により休符1個を表すものとする。

アメリカにおいて最も一般的なもの[1]
a-b-c-d-e-f-g,
h-i-j-k-lmnop, ("LMNO" の部分はそれ以外の部分の2倍の速度で歌う)
q-r-s, t-u-v, ("S" と "T" の間に休符がある)
w--x--y-and-z, ("W" と "X" はそれぞれ2拍分ずつ使って歌う)
Now I know my ABCs,
next time won't you sing with me ?
それぞれの連の最後がを踏んでいる。
アメリカ英語では "Z" は「ズィー」(zee) と発音されるが、他の英語圏では「ゼッド(ゼット)」(zed) と発音されるため、"zed" と歌った場合歌詞の韻が破れることとなる。これは "y and z" の部分が "i-grec, zed" となるフランス語の場合も同様である。しかしアメリカ以外でもこの曲に関してだけは "Z" を「ズィー」と発音して歌うことが多いため、韻が損なわれることはほとんどない。
"Z"対策として歌詞を工夫したもの
a-b-c-d-e-f-g
h-i-j-k-l-m-n
o-p-q, r-s-t
u-v-w, x-y-z
Now I know my "ABC's",
Next time won't you sing with me
歌詞の2連目を短くし、その分4連目を長くしている(その分3連目の歌詞がずれている)。これにより "N""zed" で韻に近いものが作られている。
さらに大胆な変更を加えたもの

{{{2}}}

"zed"と韻を踏むため、歌詞の改変が5連目以降にも及んでいる。
別の歌詞のもの(ドイツでも歌われている)

{{{2}}}

これまでのものとは異なり、韻は踏まれていない。
主に日本で歌われているもの

{{{2}}}

5連目と6連目は1連目と2連目の繰り返しとなる。やはり韻は踏まれていない。

さらに "Now I know - " 以降の歌詞についてはさまざまなものが存在している[2] [3]

"The A.B.C."以外の「ABCの歌」[編集]

「きらきら星」のメロディで歌われるもの以外にも「ABCの歌」はあり、その1つにフォニックス(音と文字の関係の規則性)を学習するためのものがある。

What does the A say? Ay Aa Ah (母音は完全に発音する)
What does the B say? B* B* B* (1種類しか発音のない子音は3回繰り返す)
What does the C say? S* and K*
What does the D say? D* D* D*
What does the E say? Ee and Eh
...
(以下各文字ごとに少しずつ違ったメロディが続く)
...
What does the X say? Ks Ks Ks
What does the Y say? Yuh* Ee* Eye*
What does the Z say? Zzz Zzz Zzz
What do you call these phones and sounds?
English alphabet letters.
Yeah!

この歌で教師は児童たちに、犬が「ワン」(英語では "woof")、猫が「ニャン」(英語では "meow")と鳴くのと同じように、"I" は「アイ」や「イー」と発音すると言った具合に各文字の名前と発音方法を教えていく。

各アルファベットが頭文字となる単語を歌詞に織り込む形の「ABCの歌」も存在する。その1つとして1948年に発表された、ブディ・ケイ (Buddy Kaye) とフレッド・ワイズ (Fred Wise) 作詞、シドニー・リップマン (Sidney Lippman) 作曲の "'A' - You're Adorable" がある。

{{{2}}}

脚注・参考文献[編集]