A.M.ナイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A.M.ナイル
生年: 1905年????
生地: British Raj Red Ensign.svgイギリス領インド帝国トラヴァンコール藩王国
没年: 1990年4月22日(満85歳没)
没地: インドの旗 インド、ティルヴァナンタプラム
思想: 民族主義
活動: インドの独立運動家
所属: インド独立連盟
満州建国大学
在日インド人協会
受賞: 勲三等瑞宝章

A.M.ナイル、またはアイヤッパン・ピッライ・マーダヴァン・ナーヤルマラヤーラム語:അയ്യപ്പന് പിള്ള മാധവന് നായര്, 英語:Ayappan Pillai Madhavan Nair, 1905年 - 1990年4月22日)は、インド独立運動家、実業家。

生涯[編集]

インド独立運動参加[編集]

1905年に、イギリス領インド帝国トラヴァンコール藩王国(現在のインド南部のケーララ州ティルヴァナンタプラム(トリヴァンドラム)で、クシャトリヤ階級の母とバラモン階級の父のもと、10人兄弟の末子として生まれた[1]。高校在学中からインド独立運動や、カースト差別批判運動などに参加し、イギリス植民地当局から要注意人物として監視された。

日本へ[編集]

ラース・ビハリ・ボースと犬養毅、頭山満

1928年、かつて北海道帝国大学留学していた5歳上の兄の熱心なすすめにより日本に留学することを決意し、京都帝国大学工学部に入学、土木工学を学ぶ。来日早々、東京府を拠点に活動していたインド独立運動家のラース・ビハーリー・ボースを訪ねている。その後、勉学の傍ら、日本におけるインド独立運動に精を注ぐ。

1932年に京都帝国大学を卒業、栗本鐵工所へ入社するも、インド独立運動家としての講演活動などが多忙となり退社。その後、ビハーリー・ボースの腹心となり、日本政府の上層部や荒木貞夫田中隆吉などの軍上層部、頭山満大川周明などのアジア独立主義者らと関係を結ぶ[2]。これらの活動を受けて駐日イギリス大使館より要注意人物としてマークされ、インドへの帰国は事実上不可能となる。

満州国へ[編集]

かつてインド臨時総督を務め、過酷な植民地政策を進めたヴィクター・ブルワー=リットン率いる「リットン調査団」に欺瞞を感じ、同調査団の満州国派遣に対する抗議活動などを行っていた縁から、満州国協和会の創設メンバーの1人で京都大学の同窓生の長尾郡太からの誘いを受けて、日本の租借地の大連で開催されるアジア会議の開催に奔走する。その後、1934年に開催された同会議に出席する[3]

その後も満州国と日本を行き来し、満州国への渡航後に習得した中国語を駆使して、モンゴルからの羊毛のイギリスへの輸出停止や、インドの独立派の新聞記者愛新覚羅溥儀の会見を成功させるなど、様々な形のインド独立運動及び反英工作を行い、その傍ら満州建国大学の客員教授などもつとめている[4]1939年には日本人の浅見由久子と結婚。同年に長男が誕生した。

インド独立連盟[編集]

大東亜会議に参加した各国首脳。左からバー・モウ張景恵汪兆銘東條英機ワンワイタヤーコーンホセ・ラウレル、スバス・チャンドラ・ボース

1941年12月に日本軍がイギリス領マレー半島に対する攻撃、いわゆる「マレー作戦」及び真珠湾攻撃を契機として太平洋戦争大東亜戦争)に突入、イギリスをはじめとする連合国と開戦する。

その後1942年には、ラース・ビハーリー・ボースを首班とする「インド独立連盟」(のちに後継者のスバス・チャンドラ・ボースによって「自由インド仮政府」となる)の設立に貢献し、同連盟の指導者の1人となった。他にも、英印軍捕虜のうち志願したインド人によってシンガポールに作られたインド国民軍の設立に関わった。その後は、インド国民軍の初代司令官となった元英印軍大尉のモーハン・シンとビハーリー・ボース、および日本政府と日本軍の間の緩衝役として活躍した[5]

1943年11月に東京で開催された大東亜会議の開催の際には、自由インド仮政府の一員として日本の東條英機首相に助言を行うなど、日本や満州国、日本の占領下にあったシンガポールなどを拠点に、ビハーリー・ボースやチャンドラ・ボースらとともにインド独立運動及び反イギリス活動に従事する。また、1944年には次男(G. M. ナイル)が誕生する。

しかし、1945年にはビハーリー・ボースとチャンドラ・ボースが相次いで客死した上に、同年始めには日本が本土周辺の制海権、制空権を失ったためにインド国民軍の本拠地があるシンガポールに戻ることもできず、日本国内にとどまって活動を続けた。しかし、同年8月のアジア・太平洋戦争の日本の敗北により、日本と協力した上でのインド独立が不可能になってしまう。

日印関係への貢献[編集]

ラダ・ビノード・パール(肖像画)

ナイルの活動は長くイギリス統治下のインド植民地政府によって監視されており、第二次世界大戦後も、ナイルが指導者のひとりであったインド国民軍に参加した将兵は厳しく裁かれていた。そのためインドに帰国することは事実上不可能であった。一時は由久子の実家のある茨城県に姿を隠していた。

1946年極東国際軍事裁判(東京裁判)のために来日したラダ・ビノード・パール判事通訳を務め、各種の判断材料を提供した。1947年8月にインドがイギリスから独立し、インド国籍を得るが、日本に住み続ける。1949年に駐日インド大使の顧問に就任する。

同年、東京都中央区銀座に日本初のインド料理専門店「ナイルレストラン」を開店(同店は現在も三代目のナイル善己が引き継いで盛業である)[6]1952年には小泉忠三郎とともにナイル商会を設立、インドの食材などの輸入、販売を手掛ける。ヱスビー食品スパイスを供給したり、インド大使館の公式行事に協力するなど、日本におけるインド料理の普及に少なからず貢献している[7]

戦後処理が終わってからも、パール判事が来日した際にはブレーンを務めたほか、石橋湛山大野伴睦藤山愛一郎など日本の政財界人との広い交友関係を生かし、在日インド人協会の代表などを歴任し、日印親善活動を続けた[8]。また、インド政府の依頼により1970年大阪万博のインド館の運営にも協力した。1984年には、日印親善に尽くした功により日本政府から勲三等瑞宝章を授与された。

1990年、故郷のティルヴァナンタプラムで死去した。

回想録の出版[編集]

1982年に『知られざるインド独立闘争―A.M.ナイル回想録』を出版した( "An Indian Freedom Fighter in Japan" by ORIENT LONGMAN, 1982. 邦訳は1983年)。ナイルはこの本を出版した目的として、スバス・チャンドラ・ボースの過大評価と、ラース・ビハーリー・ボースの過小評価を正すことを挙げている。例をあげると、日本軍が占領したアジア地域に住む200万人近いインド人の生命と財産を保全したのは、ラース・ビハーリーおよびナイルの功績であった。ふたりは大本営に働きかけ、的確な命令を出してもらうことに成功した。これにより大本営はマレー地区の司令部に、末端の兵がインド人を見分けるための簡単な方法まで伝えたという。それは「相手がインド人かどうか分からなければ「ガンジー」と尋ねてみよ、それが肯定の答えであればその人間は大事に扱え」というものだった。

著書[編集]

『知られざるインド独立闘争—A.M.ナイル回想録(新版)』 河合伸訳、風涛社、2008年 ISBN 978-4-89219-306-4

出典[編集]

  1. ^ 産経新聞 2002年5月21日
  2. ^ 『知られざるインド独立闘争—A.M.ナイル回想録(新版)』 河合伸訳、風涛社、2008年
  3. ^ 産経新聞 2002年5月21日
  4. ^ 産経新聞 2002年5月22日
  5. ^ 『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』中島岳志著 白水社、2005年
  6. ^ ナイルレストラン
  7. ^ 『銀座ナイルレストラン物語 日本で最も古く、最も成功したインド料理店』P-Vine Books: 水野仁輔、G・M・ナイル
  8. ^ 産経新聞 2002年5月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]