A-0 System

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

A-0 System は、1951年と1952年にグレース・ホッパーUNIVAC I 向けに開発した、コンピュータ上で動作する世界初のコンパイラである[1]。現代的感覚で言えば、A-0 はコンパイラよりもむしろローダやリンケージエディタに近い。プログラムはサブルーチン呼び出しの羅列で構成される。サブルーチンは数値コードで指定され、そのサブルーチンの引数がサブルーチンコードの後ろに続く形式であった。A-0 System は、そのような記述を機械語に変換する。

A-0 System の後継として、A-1、A-2、A-3(ARITH-MATIC)、AT-3(MATH-MATIC)、B-0(FLOW-MATIC)が開発された。FLOW-MATIC が後のCOBOLのベースとなった。

脚注[編集]

  1. ^ Hopper "Keynote Address", Sammet pg. 12

参考文献[編集]

  • Hopper, Grace. “The Education of a Computer”. Proceedings of the Association for Computing Machinery Conference (Pittsburgh) May 1952 
  • Hopper, Grace. “Automatic Coding for Digital Computers”. High Speed Computer Conference (Louisiana State University) February 1955. Remington Rand 
  • Hopper, Grace. “Keynote Address”. Proceedings of the ACM SIGPLAN History of Programming Languages (HOPL) conference 
  • Ridgway, Richard E.. “Compiling Routines”. Proceedings of the 1952 ACM national meeting (Toronto) ACM '52 
  • Sammet, Jean (1969年). Programming Languages: History and Fundamentals. Prentice-Hall. pp. pg. 12.