A型肝炎ウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A型肝炎ウイルス
Hepatitis A virus 02.jpg
電子顕微鏡写真
分類(ウイルス)
: 第4群(1本鎖RNA +鎖)
: ピコルナウイルス科
: へパトウイルス属
: A型肝炎ウイルス

A型肝炎ウイルス (HAV:hepatitis A virus )はA型肝炎を起こすウイルスである。ピコルナウイルス科へパトウイルス属RNAウイルスである。ウイルスの外側の膜構造であるエンベロープはない。A型肝炎ウイルスは50度の加熱や強酸性でも安定である(ただし85度以上1分の加熱により失活する。)。よって胃酸によって不活化することはない。A型肝炎予防のためのワクチンも存在する。

関連項目[編集]