A+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

A+は、APLの機能を拡張した配列プログラミング言語

概要[編集]

1988年、モルガン・スタンレーでアーサー・ホイットニーはAPLの拡張であるA+を開発、ほかの開発者とともにグラフィカルなユーザーインターフェイスなどを付け加えていった。数値演算(特に金融)アプリケーション用に設計された。A+はUnixLinux上で動作する。対話式、インタープリター言語である。

開発には当初はエクステンションをいれたXemacsエディタが使われた。なぜならA+にはAPLで使われたオリジナル・シンボルが同様に使用されており、表示にはその特殊フォントが必要だからである。そのフォント「kapl」はウェブサイトで提供されている。

外部リンク[編集]