9ff

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

9ff Fahrzeugtechnik GmbH(ノインエフエフ・ファールツォイクテヒニーク)はドイツ自動車チューナー。ポルシェをベースにしたチューニングカーを専門に製造しておりRUFアルピナと同じく自動車メーカーでもある。日本での販売代理店はTSM。

概要[編集]

2001年に、かつてRUFの開発主任であったヤン・ファットハウアー (Jan Fatthauer) が設立。「911で最高速度400 km/hを達成する」という理念を掲げ、2004年にチューンド996カレラでは世界最速の372.0 km/hを、そして996GT3ベースのチューンドカー、9f-V400で2004年12月にイタリアナルド・サーキットにおいて最高速度388.0 km/hを樹立[1]し、当時の市販車最高速記録であるマクラーレン・F1の386km/hを上回ってみせた。[2]そして同年、スポーツテクニックとの提携を発表、ポルシェ以外のチューニングも手がけるようになる。

2005年、日本市場に参入。デモカーは996ターボでビッグタービンを装着することにより750 psというハイパワーを絞り出す。クラッチプレート等の強化を施したティプトロニック仕様である。フロント8.5J, リア11Jの19インチホイールでそれぞれ245/30ZR19と305/25ZR19のコンチネンタル・スポーツコンタクト2を組み合わせる。

さらに2008年には9ff GT9によって最高速度409km/hを記録し上記の目標を達成している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.continental-tire.jp/news/img/vmax.pdf (PDF)
  2. ^ チューンドカーでの記録なので記録更新にはならない。市販車最高速度は2005年にケーニグセグ・CCRが387.8km/hで記録を更新し、ギネスに認定された。

外部リンク[編集]