96時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
96時間
Taken
監督 ピエール・モレル
脚本 リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
製作 リュック・ベッソン
製作総指揮 ディディエ・オアロ
音楽 ナサニエル・メカリー
撮影 ミシェル・アブラモヴィッチ
編集 フレデリック・トラヴァル
配給 20世紀フォックス
公開 フランスの旗 2008年2月27日
アメリカ合衆国の旗 2009年1月30日
日本の旗 2009年8月22日
上映時間 93分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 英語
フランス語
アルバニア語
アラビア語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $145,000,989[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$226,830,568[1] 世界の旗
次作 96時間/リベンジ
テンプレートを表示

96時間』(原題: Taken)は、2008年制作のフランス映画。脚本はリュック・ベッソンロバート・マーク・ケイメン、監督はピエール・モレル。リュック・ベッソンのヨーロッパ・コープ製作。2012年に続編『96時間/リベンジ』が制作された。

邦題は作中で語られる、「誘拐事件の被害者が無事でいられると考えられる猶予期間」から。

あらすじ[編集]

カリフォルニア州に暮らす元CIA工作員のブライアン。仕事を退いた今の唯一の楽しみは、離婚した妻レノーアと裕福な再婚相手スチュアートと共に暮らす、17歳の実娘キムと会うことだった。

そんなある日、キムは友達のアマンダと2人だけでパリ旅行に行きたいと、実父のブライアンの元に許可書へのサインを求めてくる。最初は「ティーンエイジャーの女の子2人だけで、パリ旅行なんて危険だ」とサインを拒んだブライアンだったが、定時連絡を入れる事を条件に許す。

しかし、恐れていたことが現実となり、パリに着いた2人は直後に拉致されてしまう。攫われる瞬間までキムと電話で話し続けていたブライアンは、僅かな手がかりから、犯人がアルバニア系人種で構成される人身売買組織である事を突き止める。ブライアンは娘を救出するために単身パリへ乗り込み、組織に戦いを挑む。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ブライアン・ミルズ リーアム・ニーソン 石塚運昇
キム・ミルズ マギー・グレイス 明石香織
レノーア ファムケ・ヤンセン 深見梨加
ジャン=クロード オリヴィエ・ラブルダン 仲野裕
スチュアート ザンダー・バークレー 辻親八
サム リーランド・オーサー 牛山茂
ケイシー ジョン・グリース 谷昌樹
バーニー デヴィッド・ウォーショフスキー ふくまつ進紗
シーラ ホリー・バランス 木下紗華
アマンダ ケイティ・キャシディ 美名
マルコ アーベン・バジラクタラジ 竹田雅則
パトリス・サンクレア ジェラール・ワトキンス
ピーター ニコラス・ジロー 武藤正史

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは167件のレビュー中58%が本作を支持し、平均点は5.8/10となった[2]Metacriticでは31名の批評家レビューに基づいて50点となった[3]

Blu-ray/DVD[編集]

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンより2010年3月5日Blu-ray Disc/DVDの2フォーマットをリリース。 Blu-ray版は「リアルタイム・カウンター」を画面上に表示することができ、「死者数」「負傷者数」「残り時間」「移動距離」を確認しながら試聴することができる。

  • Blu-ray
    • 96時間
  • DVD
    • 96時間

続編[編集]

2012年オリヴィエ・メガトンを監督に迎え続編の『96時間/リベンジ』が製作された。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Taken (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2011年3月25日閲覧。
  2. ^ Taken”. Rotten Tomatoes. 2012年2月1日閲覧。
  3. ^ Taken”. Metacritic. 2012年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]