8bit Project

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

8bit Project(エイトビット・プロジェクト)は、日本のテクノポップチップチューンユニット。

2005年春より着うたサイトにて楽曲配信開始。2006年8月CDデビュー。日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)会長の松武秀樹を"後見人"としている。

サウンドスタイル[編集]

基本的にはオリジナル楽曲ではなく、テクノ、J-POP、洋楽、映画、アニメなどの既存の楽曲をレトロゲームのBGM風、インストゥルメンタル楽曲としてアレンジカバー(もしくはボーカルトラックを基にしたリミックス)。

サウンドにはパロディ的な要素も含むものの、リーダーの伊藤俊治は以前PlayStationのCMサウンドロゴ制作に携わっており、齋藤久師もYセツ王(YMOオマージュユニット)や松武秀樹のLOGIC SYSTEMへ参加するなど、ゲームやテクノの本格的な活動実績の上に成立するスタイルと言える。

メンバー[編集]

  • 伊藤俊治(リーダー/ex.マンスフィールド、ya-to-i)
  • 齋藤久師(ex.GULT DEP、Yセツ王)
  • 東海林弘憲
  • 木下洋介

後見人[編集]

  • 松武秀樹

CD[編集]

アルバム[編集]

  1. FAMILIAR COMPUTING WORLD」(JOINT RECORDS)
    ジャケットはクラフトワークの「コンピューター・ワールド」のパロディ。
  2. SPICY INNOVATOR VS SUPERIOR MARIONETTE」(JOINT RECORDS)
    ジャケットはATARI創始者にしてビデオゲーム産業の父ことノーラン・ブッシュネルの協力により、世界初のアーケード式ビデオゲーム・コンピュータースペースの宣材写真を加工したものを使用。

コラボ作品(CD、着うた)[編集]

CD[編集]

着うた[編集]

タイアップ[編集]

外部リンク[編集]