853〜刑事・加茂伸之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
853〜刑事・加茂伸之介
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 木曜日20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2010年1月14日 - 3月11日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
東映
監督 橋本一
森本浩史
脚本 櫻井武晴
岩下悠子
プロデューサー ゼネラルプロデューサー
井土隆(テレビ朝日)
プロデューサー
菊池恭(テレビ朝日)
須藤泰司(東映)
和佐野健一(東映)
出演者 寺脇康文
田辺誠一
富田靖子
金田明夫
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 369「バラード」
外部リンク 東映公式サイト
テンプレートを表示

853〜刑事・加茂伸之介』(ハチゴウサン〜けいじ・かもしんのすけ)は、2010年1月14日より3月11日まで毎週木曜日20:00 - 20:54に、テレビ朝日系の「木曜ミステリー」枠で放送されていた日本の刑事ドラマ。主演は寺脇康文

概要[編集]

犯人を射殺して奥丹波署に左遷されていた主人公・加茂伸之介が、10年ぶりに復帰した京都府警で若い刑事たちとぶつかりながらも、事件を解決していく刑事ドラマ。

タイトルの『853』とは京都府警本部を意味する隠語で、府警本部の所在地に由来している(京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3)。[1]

『木曜ミステリー』枠では、2007年4月期の『その男、副署長〜京都河原町署事件ファイル〜』以来、2年9か月ぶりの新作ドラマとなる。寺脇康文の連続ドラマ初単独主演作だった。[2]

2012年にテレビ朝日内の公式サイトが閉鎖され、連続ドラマとしての続編の可能性は事実上消滅した。

相棒のスタッフが多く参加している

キャスト[編集]

京都府警察[編集]

加茂 伸之介
演 - 寺脇康文
京都府警捜査一課刑事。犯人を追い詰めるためには多少のルール違反は当たり前の、叩き上げタイプの刑事。10年前、ある事件の犯人に発砲し死亡させてしまった事が原因で、奥丹波署に左遷。また、そのせいで離婚もした。現在は元妻に引き取られた1人娘の陽子(最終話で声でのみ出演)とメールでやりとりすることが唯一の慰めとなっている。10年ぶりに捜査一課へ呼び戻されたところから物語が始まる。最終話で自ら、発砲した上司・武藤の身代わりになって、舞鶴海岸署へ再び左遷された。階級は巡査部長。
佐々木 雪子
演 - 富田靖子
京都府警捜査一課刑事。本作のヒロイン。京都の女子大を卒業後、京都府警へ。武藤とは同期で、かなりの信頼を寄せており、8年間片想い中である。最初は規格外の加茂と対立していたが、次第に加茂を認めて行くようになり、武藤を信用しつつ、加茂にも協力していくようになる。階級は警部補。
浜 育実
演 - 菅原大吉
京都府警捜査一課刑事。加茂と同じく叩き上げでヘビースモーカーの古参刑事。皮肉屋だが、班の中では最も加茂に対して協力的で、加茂の事を「加茂ちゃん」と呼んでいる。
真島 航輝
演 - 戸次重幸
京都府警捜査一課刑事。眼鏡をかけたインテリ然とした男。武藤に絶大な信頼を寄せているため、武藤同様加茂を毛嫌いしている。気に入らないことがあると舌打ちをするのが癖。
酒井 十一
演 - 林剛史
京都府警捜査一課刑事。若手のためナメられないようにと口髭を蓄えている。名前の由来は11月11日生まれのため。
綾松 なみえ
演 - 新谷真弓
京都府警捜査一課刑事。おもに署内で情報処理を担当。コミカルな動きと変わった声質が特徴。
三原 脩太郎
演 - 金田明夫
京都府警捜査一課課長。加茂の数少ない理解者で、警察が役所のような人材ばかりになってしまったのを密かに危惧し、今回、加茂を呼び戻した人物だが、10年前に彼を左遷した当人でもある。階級は警視。トレンチコートにソフト帽という、いわゆるハードボイルド風の出で立ちを好む。電子たばこで禁煙中。
武藤 勇作
演 - 田辺誠一
京都府警捜査一課係長。強行班六係(通称:武藤班)の係長。東京の大学を卒業後警備会社に勤務へ。2年で退職し、試験を受け、京都府警に採用される。交番勤務時代にシステムを駆使して検挙率を上げ、京都府警本部へ。組織的で合法な捜査を旨とし、検挙率は府警1。時代遅れで規格外の加茂と対立する。階級は警部。
谷間 桃子
演 - 小川奈那
京都府警捜査総務課。データベース照会や備品貸し出しなどで加茂や六係と関わる。
海老原 聡
演 - 中原和宏
京都府警生活安全部。巡査部長。加茂の喫煙室仲間。赴任前日の加茂を違法キャバクラで逮捕した。
尾藤 勇造
演 - 迫田孝也
京都府警生活安全部。巡査長。加茂の喫煙室仲間。真島や酒井とは合コンする程度に付き合いがある。

その他[編集]

サチコ
演 - 平田裕香
スナック「愛口」の店員で有沢と内縁関係。無口で謎の多い女性。
有沢 栄次
演 - 有薗芳記
スナック「愛口」の店主。加茂とはノミ屋として捕まって以来、10年以上の付き合い。過去に2度、サチコに刺された経験あり。

ゲスト[編集]

No.1 「あの規格外の刑事が帰ってきた!!」
  • 高橋 聖一(72歳のおばあさんの孫) - 田中圭
  • 青木 武史(少年時代に72歳のおばあさんを殺す) - 阿部進之介
No.2 「その時、罪を償えますか?」
No.3 「俺達、やっぱり刑事なんです」
  • 坂口 正二郎(元刑事・現タクシードライバー) - 前田吟
  • 深町 孝也 - 吉満涼太
  • 園田 紘一(元爆弾犯) - 藤木孝
No.4 「ダメ男に友の盃を」
  • 平田 章(元居酒屋経営) - 小宮孝泰
  • 柳井 芳江(章の妻・離婚) - 山下容莉枝
  • 佐伯 俊哉(佐伯ホーム社長) - 新納敏正
  • 染谷 優子(103号室の隣人・アパートひのき住民) - 大家由祐子
No.5 「信じてみたっていいじゃないか」
No.6 「生きているのも悪くない!」
No.7 「花嫁は待っている」
最終話 「また逢う日まで!」

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 櫻井武晴、岩下悠子
  • 音楽 - 池頼広
  • 監督 - 橋本一、森本浩史
  • 主題歌 - 369「バラード」(作詞:369、作曲:369・tasuku、発売:SPEEDSTAR RECORDS
  • ゼネラルプロデューサー - 井土隆(テレビ朝日)
  • プロデューサー - 菊池恭(テレビ朝日)、須藤泰司(東映)、和佐野健一(東映)
  • コンテンツプロデューサー - 中世古裕美(テレビ朝日)
  • 制作 - テレビ朝日東映

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
No.1 2010年1月14日 あの規格外の刑事が帰ってきた!!
(あの規格外刑事が帰って来た!!)
櫻井武晴 橋本一 12.0%
No.2 2010年1月21日 その時、罪を償えますか?
(掟破りの捜査 接点なき三つの殺人)
森本浩史 11.0%
No.3 2010年1月28日 俺達、やっぱり刑事なんです
(二人だけの追跡!! 15年目の対決へ)
岩下悠子 橋本一 10.3%
No.4 2010年2月04日 ダメ男に友の盃を
(熟年離婚! 京に散った夫婦の約束)
櫻井武晴 森本浩史 09.7%
No.5 2010年2月18日 信じてみたっていいじゃないか
(二連指輪の謎 容疑者を愛した刑事)
橋本一 10.3%
No.6 2010年2月25日 生きているのも悪くない!
(病室の友情…逮捕されたがる女!)
岩下悠子 09.1%
No.7 2010年3月04日 花嫁は待っている
(消えた婚約者 祇園に隠された罠!)
森本浩史 10.4%
最終話 2010年3月11日 また逢う日まで!
(さらば京都 被疑者になった加茂)
櫻井武晴 09.4%
平均視聴率 10.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

遅れネット局[編集]

関連商品[編集]

ノベライズ[編集]

  • 「853〜刑事・加茂伸之介 上」(2010年3月3日発売、竹書房) 著者は櫻井武晴、岩下悠子(脚本)、市川哲史(ノベライズ)。 ISBN 9784812441503
  • 「853〜刑事・加茂伸之介 下」(2010年4月12日発売、竹書房) 著は上巻と同じく櫻井武晴、岩下悠子(脚本)、市川哲史(ノベライズ)。 ISBN 9784812441510
  • 上巻には主演の寺脇康文、下巻にはプロデューサーの菊池恭、須藤泰司らと、ノベライズを担当した市川哲史との対談が収録されている。

DVD[編集]

  • 「853〜刑事・加茂伸之介 DVD-BOX(4枚組)」(2010年7月21日発売。発売元:テレビ朝日、販売元:東映・東映ビデオ)
    • レンタル 1、2巻 7月9日、3、4巻 8月6日より開始

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイトでは作中設定としており、現在・過去を含め実際の隠語であるかについては公言されていない。また、作中では警察無線での京都府警本部のコールサインにも使用されているが実際には「きょうとほんぶ(京都本部)」となる。
  2. ^ 主演作には他に『相棒』があるが、これは水谷豊との共同主演であった。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 木曜ミステリー
前番組 番組名 次番組
その男、副署長(season 3)
(2009.10.15 - 2009.12.17)
853〜刑事・加茂伸之介
(2010.1.14 - 2010.3.11)
おみやさん(第7シリーズ)
(2010.4.15 - 2010.6.10)