828フィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コダックバンタム(1935年発売)。

828フィルム(はちにいはちフィルム、英語: 828 film )は、スチル写真用のフィルムの規格である。バンタムフィルムとも呼ばれることがあるが、これはコダックが1935年に発表した写真機コダックバンタム英語: Kodak Bantam )に由来する和製英語である。

概要[編集]

135フィルム同様に35mm幅のフィルムを使用し、同じようなパトローネに包まれているが、120フィルム同様に、裏紙があってパーフォレーションの穴がないロールフィルムである。画面サイズはほとんどの場合28×40mm判8枚撮りで、同じフィルム幅の135フィルムが24×36mm(ライカ)判であることと比較すると大きな画面が得られる。

同様に35mm幅で裏紙がある「ボルタフィルム」という規格があるが、互換性はなかった。

フィルムの生産が終了以降828フィルム用カメラを使用する場合には、裏紙とパトローネを用意してパーフォレーション穴の開いていない長尺の135フィルムを巻きなおすか、120フィルムを裁断する等の手法が試みられている。

略歴[編集]

コダックは1935年に新機種の写真機「バンタム」の発表とともに新規格828フィルムを製造販売開始した[1][2]

1930年代の時点でコダックのほかに、米国のアーガス英語版、ドイツのフォクトレンダー、英国のコロネットカメラ英語版が828フィルム用カメラを製造販売している。

1955年9月の『ポピュラーサイエンス』誌の広告記事「正しい仕事に正しいフィルムを選ぶ法」では、コダックプラスXフィルム、コダックトライXフィルム、コダクロームフィルム、エクタクロームフィルムの各項目に135フィルムと一対として、また、コダカラーフィルムの項目では116フィルム、120フィルム127フィルム616フィルム620フィルムとならぶ「ポピュラーなロールフィルム」として挙げられている[3]。エクタクロームフィルムの項目には、当時のエクタクローム現像処方「E-2」の現像キットでは、20枚撮の135フィルム6本分、あるいは828フィルム10本分が現像できると記されている[3]

コダックは1985年3月に生産を終了、50年間の歴史を終了した[1][2]

おもなフィルム製品[編集]

いずれも生産終了品である。

  • コダックベリクロームフィルム V828 - 白黒ネガフィルム
  • コダックベリクロームパン VP828 - 白黒ネガフィルム
  • コダックプラスXフィルム PX828 - 白黒ネガフィルム
  • コダックトライXフィルム TX828 - 白黒ネガフィルム
  • コダクロームフィルムK828 - カラーリバーサルフィルム
  • コダクロームII KR828 - カラーリバーサルフィルム
  • エクタクロームフィルムE828 - カラーリバーサルフィルム
  • コダカラーフィルムC828 - カラーネガフィルム
  • コダカラーII C828 - カラーネガフィルム
  • コダカラーX CX828 - カラーネガフィルム

おもなカメラ[編集]

いずれも生産終了品である。

コダックポニー828

コダック[編集]

アメリカコダックのフィルムカメラ製品一覧#バンタムシリーズ参照。

アーガスモデルM

アーガス[編集]

  • アーガスモデルM(1939年発売)

コロネット[編集]

  • コロネットカブ(1939年発売) - 当初完全プラスティック製。1946年に金属部分を加えたマイナーチェンジ版となった。
  • コロネットカブフラッシュ(1948年発売)
  • コロネットカブアナスティグマット(1948年発売)
  • コロネットヴァイカウント(1957年発売)
フォトロンIII

トレイド[編集]

訪問販売による女性向け写真機で1960年代に販売された。

  • フォトロン
  • フォトロンII
  • フォトロンIII

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b The History of Kodak Roll Films (英語), 2012年3月7日閲覧。
  2. ^ a b History of Kodak Roll Film Numbers (英語), 2012年3月7日閲覧。
  3. ^ a b Popular Science, p.238-239.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]