80.002

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
80.002
80.002
種類 軍用小銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
設計・製造 設計 V. Minaev,
VI Chelikin,
GA Jan
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.45mm
12.7mm グレネード
銃身長 415mm (5.45mm弾)
使用弾薬 5.45×39mm
12.7mm グレネード弾
作動方式 ガス圧
有効射程 1000m
歴史
設計年 1975年 - 1979年
テンプレートを表示

80.002は、ソビエト連邦で設計されたAKプラットフォームベースのアサルトライフルグレネードランチャーを一体化した複合火器であり、個人主体戦闘武器(OICW: Objective Individual Combat Weapon)の先駆的存在でもある。V.Minaev、VI Chelikin、GA Janらによって設計された。カラシニコフとの主な違いは、通常の5.45mm弾用銃身の横に12.7mmグレネード弾用銃身が併設されている点である。[1][2][3]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]