7.65x21mmパラベラム弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
7.65x21mm パラベラム
T 73.JPG
1973年にスイストゥーンで作られた7.65x21mmパラベラム弾
種類 拳銃
原開発国 Flag of the German Empire.svgドイツ帝国
使用史
使用期間 1898年-1949年
使用者・地域 ドイツ, スイス, フィンランド
製造の歴史
設計者 ゲオルグ・リューゲル
ヒューゴ・ボルヒャルト
設計時期 1898年
製造者 ドイツ兵器弾薬製造会社(DWM)
特徴
薬莢形状 リム無し
弾丸 7.861 mm (0.3095 in)
首径 8.433 mm (0.3320 in)
底面径 9.906 mm (0.3900 in)
リム径 10.01 mm (0.394 in)
薬莢長 21.59 mm (0.850 in)
全長 29.84 mm (1.175 in)
雷管のタイプ 小型拳銃用

7.65x21mmパラベラム弾(7.65x21mm Parabellum、.30 Luger又は7.65x21mm リューゲル弾)は、ルガーP08等に使われる実包(弾薬)である。1898年ドイツのドイツ兵器弾薬製造会社 (en, Deutsche Waffen und Munitions Fabriken, DWM) が製造開始した。開発したのはゲオルグ・リューゲル (en) とヒューゴ・ボルヒャルト (en) であり、ボルヒャルトが過去に開発した7.65x25mmボルヒャルト弾に変えて登場した。

なお、パラベラム(Parabellum)とは、ラテン語si vis pacem, para bellum平和を望むなら、戦争に備えよ)を基にしたDWM社の商標である[1]

7.65 mm ブローニング弾(.32ACP弾)や7.65 mm French Longue弾と混同しやすく、注意が必要である。

設計[編集]

DWM社のゲオルグ・リューゲルは、従来の同直径7.65mm弾を改良してこの弾薬を作った。従来の7.65x25mmボルヒャルト弾7.63x25mmマウザー弾よりも全長が短く、7.62x25mmトカレフ弾と同長である。

重量6g、ボトルネック型のフルメタルジャケット弾 (FMJ) で、薬莢にリム(輪状の張り出し)が付いていない。FMJを使用した場合、初速は365 m/sで、弾道特性に優れ、反動も小さいが、その代わり威力は弱い。スイス陸軍のパラベラム拳銃で使うと、非常に正確に撃てる。

使用状況[編集]

スイス陸軍7.65 mmパラベラムの外箱

ドイツ陸軍は7.65x21mm パラベラムの威力があまりに弱いため、9x19mmパラベラム弾と置き換えた。両弾のサイズは弾頭部分を除いてほとんど同じなので、銃身(バレル)を入れ替えるだけで使用可能である。

1900年、スイス陸軍はリューゲル拳銃を採用した際、7.65 mm リューゲルを標準の実包として採用し、1940年代まで使用した。その後、スイス軍は、銃を同じ弾薬が使える自国製SIG P210に変更して1970年代まで使用した。

1922年、フィンランドは7.65mmリューゲル拳銃(フィンランドM/23モデル)を採用し、8000丁を装備したが、7.65mmのまま使用されたのはわずかであり、大半は9mmに改良して使用された。7.65mmのものも1980年までは非戦闘員用の武器として保管されていた。

7.65 mm リューゲル弾は、民間向けの拳銃の弾薬としても使用された。イタリアのベネリ (en) B80、ベルギーのFN ブローニング・ハイパワー、アメリカのスタームルガーP89 (en) などである。

短機関銃でこの弾薬を使う機種もある。SIGベルグマン1920(スイスにベルグマンMP-18/1としてライセンスされた)、スイスM/Neuhausen MKMS、オーストリアSteyr MP 34、フィンランドSuomi M-26などである。

別名[編集]

  • .30 Luger
  • 7.65 mm Luger
  • 7.65x21mm
  • 7.65x21mm Luger
  • 7.65x22mm
  • 7.65 mm Parabellum
  • 7.65 mm Para

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Barnes, Frank C CARTRIDGES OF THE WORLD 3rd Edition pgs 153, 177 1972 Digest Books, ISBN 0-695-80326-3

関連項目[編集]