7,12-ジメチルベンズ(a)アントラセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「7,12-ジメチルベンズ[a]アントラセン」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
7,12-ジメチルベンズ(a)アントラセン
識別情報
CAS登録番号 57-97-6 チェック
PubChem 6001
特性
化学式 C20H16
モル質量 256.34104
融点

122-123 °C

危険性
EU分類 有毒 T
主な危険性 発がん性
Rフレーズ R45 R22
Sフレーズ S53 S36/37 S45
出典
[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

7,12-ジメチルベンズ[a]アントラセン(7,12-dimethylbenz[a]anthracene)は、強い臓器特異的な発がん性物質である[2]7,12-ジメチルベンズ[α]アントラセンまたはDMBAとしても知られ、がん研究に広く用いられている。DMBAは必須な突然変異種として製造され、発がんイニシエーターとして供給されている。がん促進は二段階発がんのモデルにおいて、12-O-テトラデカノイルホルボール 13-アセタート(TPA)による処理とともに誘導することができる[3]。この物質は容易にがんを発生させることが出来るため、多くのがん研究を可能にしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 7,12-Dimethylbenz(a)anthracene at Sigma-Aldrich
  2. ^ Miyata M, Furukawa M, Takahashi K, Gonzalez FJ, Yamazoe Y. (2001) Mechanism of 7, 12-Dimethylbenz[a]anthracene-Induced Immunotoxicity: Role of Metabolic Activation at the Target Organ. Jpn J Pharmacol 86:302-309. Link
  3. ^ Sung YM, He G, Fischer, SM. (2005) Lack of Expression of the EP2 but not EP3 Receptor for Prostaglandin E2 Results in Suppression of Skin Tumor Development. Cancer Res 65:9304-9311