60の練習曲によるヴィルトゥオーゾ・ピアニスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

60の練習曲によるヴィルトゥオーゾ・ピアニスト』(Virtuoso Pianist In 60 Exercises)は、フランス作曲家シャルル=ルイ・アノンが作曲した練習曲集。三部構成、全60曲から成っている。

概要[編集]

今日のピアノ教師にとって標準的な教材の1つとなっている。が、音楽の感性を高めることや音楽を表現することには適していない。 単純な音型の連続であり、単なる指の訓練の為の練習曲であって、そのような音楽性のあるものではない。

曲の構成[編集]

第1部(第1番~20番)
どの指も(①素早く動く②1本ずつ独立させる③力強くなる④つぶをそろえる)ための練習。全20曲からなる。
第2部(第21番~43番)
さらに進んだテクニックを得るための練習。全23曲からなる。
第3部(第44番~60番)
最高のテクニックを得るための練習。全17曲からなる。

作曲者のあとがき[編集]

『全部をひいても、たった1時間である。』という作曲者のあとがきがある。 1曲を1分で演奏するのは到底、不可能なので、曲集の扱い方には注意しなければならない。