5年生存率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

5年生存率(5ねんせいぞんりつ)とは、ある疾患予後を測るための医学的な指標である。

主としてについて用いられ、診断から5年経過後に生存している患者の比率を示す。治療効果判定のために使われることが多い。あくまでも集団としての患者群を対象とした指標であり、個々の患者の余命として単純に流用することはできない。また、疾患や研究によっては「1年生存率」、あるいは「10年生存率」といった任意の判定期間による統計も存在する。

多くの癌では、治療により癌が消失してから5年経過後までに再発がない場合を「治癒」と見做す。

なお、がんの終生再発率とは直接の関係にはない。あくまで診断後、治療による寛解をみて、その寛解が患者にもたらした余命延長効果を、特定年数後の時点で計測した数値に過ぎない。

関連項目[編集]