4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ
識別子
略号 HPPD
遺伝子コード HPD; PPD
Entrez 3242
HUGO 5147
OMIM 609695
RefSeq NM_002150
UniProt P32754
他のデータ
EC番号 1.13.11.27
遺伝子座 Chr. 12 q24-qter

4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ(4-hydroxyphenylpyruvate dioxygenase)は、ユビキノン生合成、チロシンフェニルアラニン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

4-ヒドロキシフェニルピルビン酸 + O2 \rightleftharpoons ホモゲンチジン酸 + CO2

反応式の通り、この酵素の基質4-ヒドロキシフェニルピルビン酸O2、生成物はホモゲンチジン酸CO2である。

組織名は4-hydroxyphenylpyruvate:oxygen oxidoreductase (hydroxylating, decarboxylating)で、別名にp-hydroxyphenylpyruvic hydroxylase、p-hydroxyphenylpyruvate hydroxylase、p-hydroxyphenylpyruvate oxidase、p-hydroxyphenylpyruvic oxidase、p-hydroxyphenylpyruvate dioxygenase、p-hydroxyphenylpyruvic acid hydroxylase、4-hydroxyphenylpyruvic acid dioxygenaseがある。

参考文献[編集]

  • Lindstedt, S. and Rundgren, M. (1982). “Blue color, metal content, and substrate binding in 4-hydroxyphenylpyruvate dioxygenase from Pseudomonas sp. strain P. J. 874.”. J. Biol. Chem. 257: 11922-11931. PMID 7118918. 
  • Roche, P.A., Moorehead, T.J. and Hamilton, G.A. (1982). “Purification and properties of hog liver 4-hydroxyphenylpyruvate dioxygenase.”. Arch. Biochem. Biophys. 216: 62-73. PMID 7103516.