4月の涙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
4月の涙
Käsky
監督 アク・ロウヒミエス
脚本 ヤリ・ランタラ
原作 レーナ・ランデル
Käsky
製作 アレクシ・バルディ
製作総指揮 オッリ・ハイッカ
リーナ・ヒューティア
出演者 サムリ・ヴァウラモ
ピヒラ・ヴィータラ
音楽 ペッシ・レヴァント
撮影 ラウノ・ロンカイネン
編集 ベンヤミン・メルケル
製作会社 Helsinki Filmi Oy
Mogador Film
Two Thirty Five
配給 フィンランドの旗 FS Film Oy
日本の旗 アルシネテラン
公開 フィンランドの旗 2008年8月29日
日本の旗 2011年5月7日
上映時間 114分
製作国 フィンランドの旗 フィンランド
ドイツの旗 ドイツ
ギリシャの旗 ギリシャ
言語 フィンランド語
ドイツ語
ロシア語
製作費 €1,500,000[1]
テンプレートを表示

4月の涙』(4がつのなみだ、Käsky)は2008年フィンランドドイツギリシャ合作映画。原作はレーナ・ランデルの小説『Käsky』。英題は『Tears of April』。

ストーリー[編集]

1918年4月、内戦末期のフィンランド白衛軍准士官アーロは捕らえられた赤衛軍の女性兵士ミーナを軍法会議にかけるため判事エーミルの許に赴く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Käsky (2008) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年3月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]