3C 58

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
3C 58
3C58 chandra.jpg
チャンドラによるX線画像
星座 カシオペヤ座
視等級 (V) 8.17
視直径 9 5 90
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 02h 05m 38s
赤緯 (Dec, δ) +64° 49.7′
距離 10000 光年
(3067.48 pc)
絶対等級 (MV) 3.70
物理的性質
スペクトル分類 F
年齢 831年 or 数千年
別名称
別名称
SNR G130.7+03.1、ASB 5
■Project ■Template

3C 58カシオペヤ座の方向、1万光年の位置にあるパルサーである。銀河系内のシンクロトロンネビュラに囲まれたパルサーで、この星雲は1181年に観測された超新星SN 1181に関係すると考えられているが、3C 58 の年齢は数千年で、SN1181と関連がないという研究もある[1]

3C58は、中性子星形成の標準的な理論から予想される冷却速度よりも異常に大きい冷却温度を持っていることが注目されている。内部の特異な条件から、大量のニュートリノが放出されることによってエネルギーが放出され、冷却されていると分析されている[2]。クォークが裸の状態で存在するクォーク星である可能性が提案されている。

参考文献[編集]

  1. ^ Bietenholz, M. F. (2006-07). “Radio Images of 3C 58: Expansion and Motion of Its Wisp”. The Astrophysical Journal 645 (2): 1180-1187. doi:10.1086/504584. http://cdsads.u-strasbg.fr/cgi-bin/nph-bib_query?2006ApJ...645.1180B. 
  2. ^ 3C58: Pulsar Gives Insight on Ultra Dense Matter and Magnetic Fields”. The Chandra X-ray Observatory Center (2004年12月14日). 2010年7月13日閲覧。

ウィキメディア・コモンズには、3C 58に関するカテゴリがあります。 座標: 星図 02h 05m 38.29s, +64º 49' 44.4''