35mm判換算焦点距離

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

35mm判換算焦点距離(35ミリばんかんさんしようてんきより、35mm equivalent focal length)は、写真用語の1つである。35mm判以外のフォーマット用のレンズを、35mm判(画面寸法24×36mm)相当に換算した「焦点距離イメージ」の数値のこと。「35mm判換算で○○mm相当」などと表す。35mm判を基準とするのは、写真撮影の普及期に35mmフィルムによるこのフォーマットが多く用いられたことによる。特にレンズ交換式のカメラは、ほとんどが24×36mmの一眼レフだった。

概要[編集]

レンズの画角は、その焦点距離とフィルムのサイズ(デジタルカメラは、イメージセンサーのサイズ)の大きさによって決定される。35mm判以外のフォーマットのレンズの画角を把握するのに、35mm判のレンズの焦点距離に換算した方が理解しやすいことが多いため「35mm判換算焦点距離」が用いられる。

フィルムカメラでもオリンパス・ペンFのようなハーフ判カメラや中判カメラでもしばしばこの概念が用いられてきたが、特にデジタルカメラの普及により、35mm判ユーザーが35mmフルサイズ以外のデジタル一眼レフカメラのレンズの画角を把握するために、「35mm判換算焦点距離」が頻繁に用いられるようになってきた。

その理由は、APS-HサイズAPS-Cサイズフォーサーズシステムマイクロフォーサーズシステム)のデジタル一眼レフカメラのイメージセンサーの大きさは、35mm判よりも小さく、また標準化[1]されていないため、同じ焦点距離でもフォーマットごとに画角が異なることにある。このため、従来35mm判のレンズに慣れていた多くのユーザーは焦点距離から画角を感覚的に把握していたが、これが困難になり、35mm判の業界基準である換算焦点距離50mmのレンズを「標準レンズ」とし、同35mm以下のレンズを「広角レンズ」[2]、同85mm以上のレンズを「望遠レンズ」[3]とする分類も通用しなくなる。このため画角の指標として「35mm判換算焦点距離」が併記されることとなってきた。(なお「標準レンズ」とメーカーが公表しているフォーマット別の焦点距離については、標準レンズ#標準単焦点レンズを参照のこと)。

なお変化するのは画角だけであり、被写界深度は元の焦点距離が基準となる。このため200mm F2.8のレンズをAPS-Cセンサーのボディに装着した場合、300mm F2.8と同じ被写界深度を同じ絞り値で得ることはできない。

35mm判換算焦点距離の求め方[編集]

他のフォーマットの「35mm判換算焦点距離」は、使用する焦点距離にメーカーが発表している倍数を掛けることで近似値[6]を求めることができる。

APS-HサイズDSLR用レンズの35mm判換算の焦点距離イメージ
キヤノン製APS-HサイズDSLRの場合は、焦点距離を1.3倍にした値である。
焦点距離35mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で45.5mm相当[6]の有効撮影画角となる。
APS-CサイズDSLR用レンズの35mm判換算の焦点距離イメージ
ニコンソニー製APS-CサイズDSLRの場合は、焦点距離を約1.5倍にした値である。
焦点距離35mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で52.5mm相当[6]の有効撮影画角となる。
ペンタックス製APS-CサイズDSLRの場合は、焦点距離を約1.53倍にした値である。
焦点距離35mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で53.5mm相当[6]の有効撮影画角となる。
キヤノン製APS-CサイズDSLRの場合は、焦点距離を約1.6倍にした値である。
焦点距離35mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で56mm相当[6]の有効撮影画角となる。
フォーサーズシステム(マイクロフォーサーズシステム)DSLR用レンズの35mm判換算の焦点距離イメージ
焦点距離を2倍にした値である。
焦点距離25mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で50mm相当の有効撮影画角となる。
ハーフサイズカメラの35mm判換算の焦点距離イメージ
かつて使われた24×18mmのハーフ判(フィルム)カメラの場合は、焦点距離を1.4倍にした値である。
中判SLR中判DSLRの35mm判換算の焦点距離イメージ
中判SLR・中判DSLRのレンズについても、「35mm判換算焦点距離」を発表しているメーカーがある。
ペンタックス製6×4.5判SLR(56mm×41.5mm)の場合は、焦点距離を0.6倍にした値である。
焦点距離75mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で45mm相当[6]の有効撮影画角となる。
ペンタックス製中判DSLR(センサーサイズ44×33mm)の場合は、焦点距離を0.8倍にした値である。
焦点距離55mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で44mm相当[6]の有効撮影画角となる。
マミヤ製中判DSLR(センサーサイズ48×36mm)の場合は、焦点距離を約0.72倍[7]にした値である。
焦点距離80mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で58mm相当[6]の有効撮影画角となる。
ライカSシステム[8]
ライカSシステム(センサーサイズ30×45mm)の場合は、焦点距離を0.8倍にした値である。
焦点距離70mmのレンズを装着した場合、35mm判換算で56mm相当[6]の有効撮影画角となる。
35mmフルサイズDSLR
35mmフルサイズDSLRのイメージセンサーは、35mm判フィルムカメラとほぼ同じであり無視できる範囲である。
コンパクトデジタルカメラ
レンズ組み込み式のコンパクトデジタルカメラのイメージセンサーは、各々で異なる。カタログの商品説明には、レンズの実際の焦点距離を表示せずに、35mm判換算であることを注意書きした上で、換算焦点距離のみを表示することが多い。その場合は、カタログの仕様表に実際の焦点距離と35mm判換算焦点距離が記載されている。
イメージセンサーサイズ1/1.7型・焦点距離6-22.5mmのコンパクトデジタルカメラを例とすると、「28-105mm」(35mm判換算)と表記している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フォーサーズシステム・マイクロフォーサーズシステムを除く。
  2. ^ 焦点距離35mmのレンズを「準広角レンズ」・焦点距離24mm未満のレンズを「超広角レンズ」と分類する場合もある。
  3. ^ 85mm以上を「望遠レンズ」…焦点距離85〜100mm前後のレンズを「中望遠レンズ」・焦点距離300mm(もしくは400mm)以上のレンズを「超望遠レンズ」と分類する場合もある。
  4. ^ SLR…Single-Lens Reflexの略
  5. ^ DSLR…Digital Single-Lens Reflexの略。
  6. ^ a b c d e f g h i 近似値…35mm判換算の焦点距離イメージは、同一メーカーであっても機種によってイメージセンサーのサイズが微妙に異なるため近似値である。
  7. ^ 約0.72倍…0.72倍した後に、小数点以下を四捨五入した数値が、「35mm判換算焦点距離」である。
  8. ^ ライカSシステムは、公式サイトで「従来のプロ仕様のデジタルカメラが主に採用していたミドルフォーマットや35mmフルサイズとは異なる」とし、中判DSLRと分類していない。アスペクト比は、35mmフルサイズDSLRと同じ2:3で、イメージセンサーサイズを1.25倍(面積で1.56倍)にしたフォーマットである。

外部リンク[編集]