24の前奏曲とフーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

24の前奏曲とフーガ 作品87は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲した24の前奏曲とフーガからなるピアノ曲集。20世紀ソ連のピアノ音楽を代表する作品として名高い。

概要[編集]

1950年7月にショスタコーヴィチは、J.S.バッハの没後200年を記念して、ライプツィヒで開催された第1回国際バッハ・コンクールの審査員に選ばれ、ソ連代表団長として参加した。この記念祭にバッハの作品を多く聴いたことと、バッハ・コンクールに優勝したソ連のピアニストタチアナ・ニコラーエワの演奏に深く感銘を受けたことが、この作品を作曲する切っ掛けとなった。

ショスタコーヴィチは早速、同年の10月10日に作曲に着手し、次々に前奏曲フーガを作曲したが、当初は自身のピアノ演奏の技術を完成させるための多声的な練習曲として着想していた。しかし記念祭を通して受けた印象をもとに構想が次第に大きくなり、途中からバッハの『平均律クラヴィーア曲集』に倣って、全ての調性を網羅する大規模な連作として作曲することに決定し、翌年の1951年2月25日に全曲が完成した。後に差し替えられた第16番の前奏曲を除いて、番号通りの順番で作曲され、一曲完成する度に、ニコラーエワがショスタコーヴィチのために弾いたという。初演は1951年の4月5日にショスタコーヴィチ自身の演奏(抜粋)によって、全曲初演はニコラーエワによって1952年12月23日12月28日の2日間で行われた。

発表された当初、初演の直後に行なわれた同年の5月16日の合評会では、党から「理想主義的傾向」や「形式主義的傾向」にあたるとして厳しい批判を受けたが、マリヤ・ユーディナエミール・ギレリスゲンリフ・ネイガウス、ニコラーエワらのピアニストからは絶大な支持を受けた。彼らはこの曲集を積極的に演奏してその普及に貢献し、やがてロシアのピアニストたちの重要なレパートリーとして定着した。ショスタコーヴィチも愛奏し、この曲集から抜粋を何度も録音している。

構成[編集]

24組の前奏曲とフーガからなり、通して演奏すれば約3時間を要する。

全体の曲調は穏やかで平明な雰囲気が支配的だが、力強い部分や、深く物思いにふけるような部分も見られる。また、オラトリオ森の歌』の主題が所々顔を出すが、これはジダーノフ批判を受けた以降の中期作品の特徴でもある。

関連作品[編集]