21グラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
21グラム
21 Grams
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本 ギレルモ・アリアガ
製作 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
ロバート・サレルノ
製作総指揮 テッド・ホープ
出演者 ショーン・ペン
ナオミ・ワッツ
ベニチオ・デル・トロ
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
撮影 ロドリゴ・プリエト
フォルトゥナート・プロコッピオ
編集 スティーヴン・ミリオン
製作会社 ディス・イズ・ザット
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年11月21日
日本の旗 2004年6月5日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $60,427,839[1]
テンプレートを表示

21グラム』(21 Grams)は2003年製作のアメリカ映画である。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。

1つの心臓をめぐり、交差するはずのなかった3人の男女の人間ドラマが描かれる。時間軸が細かく交差する構成になっている。人がいつか失う重さとは、いったい何の重さなのかを問う作品である。

ショーン・ペンがヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞。

タイトルの「21グラム」とは、20世紀初期のアメリカの医師ダンカン・マクドゥーガルが行った、重量を計測しようとした実験に由来する。

ストーリー[編集]

大学で数学を教えるポールは余命1か月と宣告され心臓のドナーを待つ日々。また、夫と二人の幼い娘と幸せな生活を送るクリスティーナ。一方、前科を持つジャックは、神への信仰を生きがいに妻と二人の子供と暮らしていた。だが、ジャックが起こした悲劇的な事故をきっかけに、出会うはずのない3人の運命が、思いもよらぬ結末へと導かれていくのだった。

キャスト[編集]

ポール・リヴァース
演 - ショーン・ペン、声 - 家中宏
大学教授。心臓を患い、余命1ヶ月を宣告されている。
メアリー・リヴァース
演 - シャルロット・ゲンズブール、声 - 渡辺美佐
ポールの妻。体外受精でポールの子を生もうと考えている。
クリスティーナ・ペック
演 - ナオミ・ワッツ、声 - 藤本喜久子
夫と2人の娘と暮らす女性。
マイケル・ペック- ダニー・ヒューストン
クリスティーナの夫。建築家。37歳。
クローディア・ウィリアムズ
演 - クレア・デュヴァル、声 - 黒河奈美
クリスティーナの妹。
ジャック・ジョーダン
演 - ベニチオ・デル・トロ、声 - 大塚明夫
前科者だが信仰を支えに妻と2人の子供と懸命に生きている男。
マリアンヌ・ジョーダン
演 - メリッサ・レオ、声 - 園田恵子
ジャックの妻。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 21 Grams (2003)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2011年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]