2013年アモイバス火災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2013年アモイバス火災
場所 中華人民共和国の旗 中国福建省廈門市
日付 2013年6月7日
午後6時半 (UTC+8)
攻撃手段 火災
武器 ガソリン
死亡者 47人(見込み)
負傷者 34人(見込み)
容疑者 陳水総(死亡)

2013年アモイバス火災(にせんじゅうさんねんアモイバスかさい)は、2013年6月7日中国福建省廈門市で発生した重大なバス火災であった。

経過[編集]

2013年6月7日午後6時半頃、「バス高速輸送システム(BRT)」と呼ばれる、専用レーンを運行するバスは高さ10メートルの高架橋の上を走っていた。突然バスから黒い煙が出て、火が出たあと10分ほどして爆発も起きたということで、火は、高架の一部にも燃え広がって、周辺は一時騒然となった。[1]

結果[編集]

当時、バスの車内は仕事帰りの人などで満員で、乗客らが避難しようとしたしたが、この火事で容疑者を含む47人が死亡し、34人がけがをした。

政府の反応[編集]

中国政府は事故を重視し、習近平党総書記李克強国務院総理らが直接に指示を出し、警察トップの公安部長郭声を現場に向かわせるなど対応を急いでいた。[2]

調査[編集]

地元警察によると、バスの燃料は軽油であるが、現場から容疑者が持ち込んだとみられるガソリンが検出された。[3]容疑者はアモイ市内に住む1954年に生まれで、政府への陳情をしていた人物との情報がインターネット上で流れていた。陳情がかなわず、鬱憤を晴らすため、市民を巻き添えに放火した可能性がある。[4]

脚注[編集]

  1. ^ アモイでバス火災 47人死亡 警察当局「重大な刑事事件」(2013年6月8日、大紀元
  2. ^ 中国・アモイ バス火災で47人死亡(2013年6月8日、NHKオンライン
  3. ^ 中国アモイでバス火災、47人死亡 出火後に爆発(2013年6月8日、朝日新聞
  4. ^ ガソリン持ち込み放火か=バス火災の死者、容疑者含め47人―中国アモイ(2013年6月8日、時事通信

関連項目[編集]

座標: 北緯24度29分56.4秒 東経118度9分11.5秒