2012年ピューリッツァー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2012年ピューリッツァー賞(2012ねんピューリッツァーしょう)は、2012年4月16日[1]に発表された第96回目のピューリッツァー賞である。

受賞[編集]

2012年の報道部門の受賞者[2]
部門 受賞者 所属 内容
公益 フィラデルフィア・インクワイアラー 校内暴力問題
速報報道 スタッフ The Tuscaloosa ソーシャルメディアを併用した竜巻報道
調査報道 Michael J. Berens、Ken Armstrong シアトル・タイムズ ワシントン州の行政機関が痛み止めをメタドンから安価だが危険な薬に変更させている問題
調査報道 Matt Apuzzo、Adam Goldman、Eileen Sullivan、Chris Hawley AP通信 ニューヨーク市警察がイスラム教徒の日常生活を監視していた問題
解説報道 David Kocieniewski ニューヨーク・タイムズ 富裕層や企業による租税回避の方法
地方報道 Sara Ganimなど The Patriot-News ペンシルベニア州立大学フットボール部の性的虐待スキャンダル
全国報道 David Wood ハフィントン・ポスト イラクアフガニスタンで負傷した兵士の挑戦
海外報道 Jeffrey Gettleman ニューヨーク・タイムズ 東アフリカ飢餓紛争の報道
特集記事 Eli Sanders The Stranger 住居侵入犯に夫を殺害され、自身も被害を受けた女性が法廷で勇敢に証言
論説 Mary Schmich シカゴ・トリビューン 自分の性格やシカゴの文化を捉えた現実派のコラム
批評 ウェスリー・モリス ボストン・グローブ スマートで独創的な映画批評
社説 なし
時事漫画 Matt Wuerker POLITICO
速報写真 Massoud Hossaini フランス通信社 カーブル近郊のアブ・ファズル・モスクの自爆テロの現場で泣き叫ぶ女の子
特集写真 Craig F. Walker The Denver Post 心的外傷後ストレス障害に苦しむイラク帰還兵
2012年の文学芸能部門と音楽部門の受賞者[2]
部門 受賞者 作品 備考
フィクション なし
戯曲 Quiara Alegría Hudes Water by the Spoonful
(スプーンひとさじの水)
歴史書 Manning Marable Malcolm X: A Life of Reinvention
マルコム・エックス: 人生の再発明)
ISBN 978-0670022205
伝記・自叙伝 ジョン・ルイス・ギャディス George F. Kennan: An American Life
ジョージ・ケナン: アメリカ人の生活)
ISBN 978-1594203121
Tracy K. Smith 「Life on Mars」
(火星の生活)
ISBN 978-1555975845
一般ノンフィクション スティーヴン・グリーンブラット The Swerve: How the World Became Modern
「一四一七年、その一冊がすべてを変えた」
ISBN 978-0393064476
ISBN 978-4760141760
音楽 Kevin Puts Silent Night: Opera in Two Acts
きよしこの夜:2幕のオペラ)

脚注[編集]

  1. ^ COLUMBIA UNIVERSITY ANNOUNCES 96th ANNUAL PULITZER PRIZES IN JOURNALISM, LETTERS, DRAMA AND MUSIC”. The Pulitzer Prizes (2013年4月16日). 2014年4月17日閲覧。
  2. ^ a b 2012 Winners and Finalists”. The Pulitzer Prizes. 2014年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]