2010年ペンタゴン銃乱射事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2010年ペンタゴン銃乱射事件とは、2010年3月4日、バージニア州アーリントン郡にあるワシントンメトロのペンタゴン駅で警察官二人が銃撃された事件。

犯人像[編集]

犯人はカリフォルニア州ホリスター出身の男。当時36歳[1]。警官二人を銃撃した直後、銃による反撃を受け、額に銃弾を浴びて数時間後の3月5日未明に死亡した[2]。職業はプログラマー[3]。カリフォルニア州ホリスターの出身[4]で、双極性障害を患い施設に度々入院した経験があり[5]カナビスの所持で逮捕された経歴もあった[6][7]。双極性障害が事件の動機に及ぼした影響については定かではない[8]

事件の推移[編集]

事件が起こったのは午後6時40分前後であった[9]。犯人はスーツ姿で、セキュリティチェックポイント付近で彼を目的した目撃者の話によればとても穏やかな表情をしていた。ペンタゴン防護局ペンタゴン警察本部の警官が身元の証明を犯人に要請したところ、犯人はポケットから銃を取り出し、警官二人目掛けて発砲した。2人を援護するために3人目の警官も加わって警察側[10]が防衛し、犯人に致命傷を与えた。

犯人と警官の「撃ち合い」は一瞬の出来事であった。ペンタゴン防護局長官のリチャード・キーヴィルによれば、犯人は9mm自動拳銃で武装し予備の弾倉を所持していた。同局は、駐車場近くにある犯人所有のものとされる車にもさらに弾薬が積まれているのを発見した[11]

銃撃された警官二人と犯人はジョージ・ワシントン大学病院に搬送された[12]が、警官二人は間もなく退院した。一人は太腿、もう一人は肩を負傷していたが、銃傷は微々たるものであった[10][11]

ペンタゴン当局の反応[編集]

銃撃により、地下鉄の先頭にある一箇所を除きペンタゴンの全てのセキュリティが作動したが、ペンタゴンのブライアン・ホイットマン代表の発令に応じて、ロックされたセキュリティはほぼ全てが解除された。午後8時には地下鉄の駅も銃撃があったエントランスを除き全てセキュリティが解除された。ホイットマン代表は事件現場となったエントランスは一晩中セキュリティ下に置かれるだろうと発言した[9]

9.11事件の後ペンタゴン駅はテロ対策のため再設計され、駅から直接ペンタゴンの建物には入れないようになっていた。利用者達はエスカレーターを使って迂回し、正面玄関でセキュリティチェックを受けてペンタゴンに入る仕組みになっていた[9]

脚注[編集]

  1. ^ John Patrick Bedell Tea Partier? Why Then was John Patrick Bedell a Registered Democrat? 2010-03-05, Left Coast Rebel
  2. ^ NBC News (2010年3月5日). “Pentagon gunman sought ‘truth’ about 9/11”. MSNBC. 2010年3月5日閲覧。
  3. ^ Pentagon shooter was SJSU engineering student, troubled with drug problem. San Jose Mercury. http://www.mercurynews.com/ci_14519258?source=most_viewed 2010年3月6日閲覧。. 
  4. ^ Flaherty, Mary Pat; Harris, Hamil R. (2010年3月6日). “Home /News /Nation /Washington Gunman troubled, friends say”. boston.com. http://www.boston.com/news/nation/washington/articles/2010/03/06/gunman_troubled_friends_say/ 2010年3月6日閲覧。 
  5. ^ “Pentagon shooter had history of mental health problems”. CNN.com. (2010年3月6日). http://www.cnn.com/2010/CRIME/03/05/pentagon.shooting/index.html?hpt=T2 2010年3月6日閲覧。 
  6. ^ Irving, Doug; Salvdor Hernandez. “O.C. court filing: Pentagon shooter bipolar”. Orange County Register. http://www.ocregister.com/news/bedell-237691-authorities-arrest.html 2010年3月6日閲覧。 
  7. ^ Pentagon gunman had a history of mental illness”. Statesman.com. 2010年3月6日閲覧。
  8. ^ Eric Van Susteren and Anna-Maria Kostovska (3/8/10), Report: Bipolar disorder may not have affected Bedell's behavior, Spartan Daily, http://media.www.thespartandaily.com/media/storage/paper852/news/2010/03/08/News/Report.Bipolar.Disorder.May.Not.Have.Affected.Bedells.Behavior-3886483.shtml 
  9. ^ a b c My Fox Boston (2010年3月5日). “Officials: Pentagon shooting suspect dies”. My Fox Boston. 2010年3月5日閲覧。
  10. ^ a b Officers Hurt, Gunman Killed In Pentagon Shooting MyFox DC Mar 05, 2010. Accessed Friday, Mar 05, 2010
  11. ^ a b Official: Pentagon shooter was well armed Associated Press on www.chron.com March 5, 2010. Retrieved March 5, 2010.
  12. ^ Shooting at Pentagon Metro (2010年1月29日). “BREAKING NEWS – Three Shot At Pentagon Metro”. Arlnow.com. 2010年3月6日閲覧。