2006 AFC女子アジアカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006 AFC女子アジアカップ
大会概要
開催国 オーストラリアの旗 オーストラリア
日程 2006年7月16日 - 7月30日
チーム数 (1連盟)
大会結果
優勝 中華人民共和国の旗 中国 (8回目)
準優勝 オーストラリアの旗 オーストラリア
3位 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
4位 日本の旗 日本
大会統計
試合数 20試合
ゴール数 77点
(1試合平均 3.85点)
得点王 永里優季日本の旗 日本
チョン・ジョンスク(韓国の旗 韓国)(7点)
最優秀選手 馬暁旭中華人民共和国の旗 中国
 < 20032008

AFC女子アジアカップ オーストラリア2006(英文:AFC Women's Asian Cup, Australia 2006)は2006年7月16日から7月30日にオーストラリアで開催された女子サッカー大会。

第15回となるアジアサッカー連盟(AFC)によるこの大会は、名称がAFC女子選手権(AFC Women's Championship)から改められた。

この大会から予備予選としてランキング下位12か国による「AFC女子選手権(アジアカップ)予選大会」(2005年6月12日-20日)をベトナムで実施し、その成績によりベトナムチャイニーズタイペイミャンマータイが本大会に進出しシード国と対戦することとなった。

本大会は当初、中華人民共和国日本大韓民国朝鮮民主主義人民共和国のシード国を含めた8か国と、2006年5月に日本で対戦する予定で進められたが、2006年オセアニアサッカー連盟(OFC)から転籍したオーストラリアも参加することになったため、7月にオーストラリアで9か国による開催となった。

この大会は2007 FIFA女子ワールドカップのアジア予選(出場枠2.5+開催国)を兼ねるものとされた。なお、決勝トーナメントには開催国の中国も進出したため、準優勝のオーストラリアと3位決定戦で勝利した北朝鮮が本戦出場権を獲得し、4位となった日本が北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)のチームとのプレーオフに回ることになった(2007 FIFA女子ワールドカップ・予選 (大陸間プレーオフ)を参照)。

予選大会[編集]

  • 開催期間:2005年6月12日-20日
  • 開催地:ベトナム
  • 出場:12か国

概要[編集]

アジアサッカー連盟(AFC)に所属する国・地域からの参加国を、FIFA女子ランキングなどを参考に下位12チームが3チームずつの4チームに分かれて一次ラウンドを実施。その結果から各組上位2チームずつの8チームによるプレーオフを実施し、その勝者4チームが本大会に進出となった。

結果[編集]

グループ A[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点
ベトナムの旗 ベトナム 6 2 2 0 0 7 1
 ミャンマー 3 2 1 0 1 4 2
フィリピンの旗 フィリピン 0 2 0 0 2 2 10
  • 6月12日 ベトナム 6 - 1 フィリピン
  • 6月14日 フィリピン 1 - 4 ミャンマー  
  • 6月16日 ミャンマー 0 - 1 ベトナム

グループ B[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 6 2 2 0 0 13 1
インドの旗 インド 3 2 1 0 1 11 2
グアムの旗 グアム 0 2 0 0 2 0 21
  • 6月12日 グアム 0 - 10 インド
  • 6月14日 インド 1 - 2 チャイニーズタイペイ  
  • 6月16日 チャイニーズタイペイ 11 - 0 グアム

グループ C[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 6 2 2 0 0 9 0
香港の旗 香港 3 2 1 0 1 4 3
モルディブの旗 モルディブ 0 2 0 0 2 0 10
  • 6月13日 モルディブ 0 - 6 ウズベキスタン
  • 6月15日 ウズベキスタン 3 - 0 香港 
  • 6月17日 香港 4 - 0 モルディブ

グループ D[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点
タイの旗 タイ 6 2 2 0 0 8 0
シンガポールの旗 シンガポール 1 2 0 1 1 0 4
インドネシアの旗 インドネシア 1 2 0 1 1 0 4
  • 6月13日 インドネシア 0 - 0 シンガポール
  • 6月15日 シンガポール 0 - 4 タイ  
  • 6月17日 タイ 4 - 0 インドネシア

※抽選(コイントス)によりシンガポールがプレーオフ進出

プレーオフ[編集]

2005年6月19日

2005年6月20日

ベトナム 4 - 1 香港
チャイニーズタイペイ 3 - 0 シンガポール
ミャンマー 2 - 1 ウズベキスタン
インド 2 - 3 タイ

本大会[編集]

概要[編集]

一次ラウンドは9か国・地域2グループ(A組:4チーム、B組5チーム)の総当り戦。各組上位2チームの計4チームが準決勝に進出する。順位は次の順序により決定する。

  1. 総勝ち点
  2. 同点チーム間の勝ち点数
  3. 同点チーム間の得失点差
  4. 同点チーム間の総得点数
  5. 総得失点数
  6. 総得点数
  7. PK戦(ピッチ上に両チームがいる場合のみ)
  8. 抽選

トラブル[編集]

準決勝の中国-北朝鮮戦では、試合終了直前のオフサイドの判定を受けた北朝鮮の選手数名が暴行をはたらき、主審を突き飛ばしてGK(ゴールキーパー)は退場処分となったのみならず、試合終了後に警備員に守られながら会場を去る審判団に蹴りかかろうとした。また別の選手はペットボトルを投げつけ、その一部は中国チームのサポーター席にも飛び込んだため、観客席をも巻き込む非常に大きな騒ぎとなった。女子サッカーでここまで暴力的な反応は非常にめずらしいが、北朝鮮では男子代表チームでも前年に同じような騒動を起こしたこともあり、大きなニュースとなった。その後の調査により3位決定戦にはGKの1名とディフェンダーの2名が出場停止となる処分が下された。(その後、GKは1年間の国際試合出場停止となった。)


一次ラウンド[編集]

グループ A[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点
日本の旗 日本 9 3 3 0 0 17 1
中華人民共和国の旗 中国 6 3 2 0 1 4 1
ベトナムの旗 ベトナム 3 3 1 0 2 1 7
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ 0 3 0 0 3 1 14
  • 7月19日 中華人民共和国 2 - 0 チャイニーズタイペイ
  • 7月19日 日本 5-0 ベトナム 
  • 7月21日 チャイニーズタイペイ 1 - 11 日本
  • 7月21日 ベトナム 0 - 2 中華人民共和国
  • 7月23日 中華人民共和国 0 - 1 日本
  • 7月23日 チャイニーズタイペイ 0 - 1 ベトナム

グループ B[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 10 4 3 1 0 13 0
オーストラリアの旗 オーストラリア 10 4 3 1 0 11 0
韓国の旗 韓国 6 4 2 0 2 14 6
タイの旗 タイ 3 4 1 0 3 2 26
ミャンマーの旗 ミャンマー 0 4 0 0 4 2 10
  • 7月16日 オーストラリア 4 - 0 大韓民国
  • 7月16日 ミャンマー 1 - 2 タイ
  • 7月18日 タイ 0 - 9 北朝鮮
  • 7月18日 ミャンマー 0 - 2 オーストラリア
  • 7月20日 北朝鮮 3 - 0 ミャンマー
  • 7月20日 大韓民国 11 - 0 タイ
  • 7月22日 大韓民国 3 - 1 ミャンマー
  • 7月22日 オーストラリア 0 - 0 北朝鮮
  • 7月24日 タイ 0 - 5 オーストラリア
  • 7月24日 北朝鮮 1 - 0 大韓民国

決勝トーナメント[編集]

準決勝 決勝
           
7月27日    
 日本の旗 日本 0
 オーストラリアの旗 オーストラリア 2  
  7月30日
 オーストラリアの旗 オーストラリア 2 (2)
   中華人民共和国の旗 中国 (PK) 2 (4)
 
3位決定戦
7月27日 7月30日
 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 0  日本の旗 日本 2
 中華人民共和国の旗 中国 1    朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 3

準決勝[編集]

 

2006年7月27日

日本 0 - 2 オーストラリア
北朝鮮 0 - 1 中華人民共和国


3位決定戦[編集]

2006年7月30日

日本 2 - 3 北朝鮮

決勝[編集]

2006年7月30日

オーストラリア 2 (2 PK 4) 2 中華人民共和国

優勝国[編集]

 2006 AFC女子アジアカップ 

中国
3大会ぶり8回目

表彰[編集]

受賞者 備考
大会MVP 中華人民共和国の旗 馬暁旭 優勝
得点王 日本の旗 永里優季
韓国の旗 チョン・ジョンスク
7得点
フェアプレー賞 中華人民共和国の旗 中国 優勝

関連項目[編集]