2-クロロアセトアミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2-クロロアセトアミド
識別情報
CAS登録番号 79-07-2
PubChem 6580
ChemSpider 6332
EINECS 201-174-2
ChEBI CHEBI:361034
特性
化学式 C2H4ClNO
モル質量 93.51 g mol−1
外観 白色ないし無色~黄色の、結晶ないし粉末[1][2]
融点

120℃[1]

沸点

225℃[2] (分解)

への溶解度 9g/100ml[1]
その他の溶媒への溶解度 エタノールに可溶
エーテルに難溶[1]
危険性
引火点 170℃[3]
半数致死量 LD50 138mg/kg(ラット、経口)[1]
関連する物質
関連物質 アセトアミド
ヨードアセトアミド
モノフルオロ酢酸アミド
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

2-クロロアセトアミド: 2-chloroacetamide)は、化学式C2H4ClNOで表される有機塩素化合物の一種である。

用途[編集]

クロロアセトアミド系の化合物にはVLCFA(超長鎖脂肪酸)の合成を阻害する作用をもつものがあり、除草剤として使用される[4]。このほか、塗料接着剤の原料、切削油にも含まれる[3]

反応[編集]

光による変質がある。五酸化二リンと反応しクロロアセトニトリルに、アンモニアとの反応ではアミノアセトアミドになる[5]

安全性[編集]

目に対する強い刺激性がある。皮膚に対しては刺激性と、アレルギー反応を起こす恐れがある[3]。加熱により分解し、塩素窒素酸化物を含むガスが生じる[2]。日本の毒劇法および消防法による規制対象ではないが、船舶安全法および航空法の適用を受ける[5]

脚注[編集]